大学院生活

学則・アドミッションポリシー

松蔭大学大学院学則

 本学大学院は、本学園の建学の精神に基づき教育基本法及び学校教育法に則り、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめて、社会の進展に寄与する人材を育成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

 本研究科は、幅広い知識とその知識を基に専門分野における実践能力を身につけたいと考えている人材を求めています。社会を取り巻く諸問題に対して、氾濫する情報の中から、問題を見つけ出し、その内容を理解し、解決することに関心を持ち、社会に通用する幅広い知識を活用し、社会に貢献したいと考えている人材を求めています。

 この大学院が掲げる教育理念や教育目標を達成するために必要な以下の素養を備えている人を求めています。

  1. 総合的かつ論理的にものごとを考えることができる人
  2. 知的好奇心にあふれ,自主的な研究を行う意欲を有している人
  3. 高い倫理観をもち,研究における社会的責任を認識している人