研究科案内

編成方針(カリキュラムポリシー)

松蔭大学大学院のカリキュラムポリシー

本研究科では、以下の方針に基づき研究科の教育課程を編成し、実施し、基盤的能力及び専門的能力を備えた高度な専門職業人を育成します。社会に貢献できる高度な専門知識・技能を身につけた、総合的な学力を育成するためのカリキュラムを編成し、実施しています。
  1. 深い見識と専門分野に立脚した見方・考え方を身につけるため、講義・応用科目群と演習科目群を学びます。
  2. 両科目群に経営・経済系、会計系、企業法務系を配し、深い学問を修得できるように設定された科目を学びます。

経営管理研究科


演習・講義

 指導教授の指導のもとで自分の研究を深く掘り下げ、その成果を修士論文のかたちにまとめます。

講義

講義IMAGE

 自分が論文指導(演習)を受けようと思う科目の講義は必ず受講しなければなりません。併せて、その他論文に関連する分野の講義を受講することもできます。
 科目群は、大学院生が修士論文を作成する際、その手助けとなる支援科目から構成されています。経営系、会計系、企業法務系3つの系のバランスを考えて科目を選択することができます。