研究科案内

教員紹介

岸田 貞夫

ゼミテーマ:租税法講義・演習

1 名前

岸田 貞夫

2 役職

客員教授

3 経歴

慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学(昭和43年3月)

4 担当科目

租税法講義Ⅰ・Ⅱ、租税法演習

5 指導方針

好奇心を旺盛に

6 研究分野

租税法、特に所得税法、法人税法、相続税法、租税争訟法、等

7 所属学会

<租税法学会、税務会計研究学会、私法学会/p>

8 著作物

著書  
「税法としての所得課税」(税務経理協会)(平成17年)
  矢内一好他共著 「現代税法の基礎知識」(ぎょうせい、毎年改訂)
「判例法人税」(税務経理協会)(平成21年)
  矢内一好他共著「基礎から学ぶ現代税法」(財務詳報社)(平成25年)
論文
「雑所得・一時所得の区分・その経費性」(「税理」57巻10号)
「不服審査法の改正に基づく国税通則法のあり方」(「税理」平成26年8月)
「法定外税の立法促進に限界」(「税」68巻7号)、
「加算税制度の意義とその仕組」(「税理」56巻2号。

9 演習

時事問題を通じてあるべき税制を検討する。