研究科案内

特色と研究内容

 企業法務系・会計系・経営系の3 つの系では、講義科目を中心とした履修方法により、教授の担当講義を含め、講義科目を必ず24 単位以上履修することが必要です。
 特に、企業法務系では、会計や税務関係などの専門知識と応用的理論を修得することによって、税理士などの資格取得を目指すもので、経営系・会計系は、企業経営に関する幅広い専門的知識と実践的能力を身につけたビジネス・パーソンを養成するための系です。

コース

税理士志望コース

企業法務の「租税法講義・演習」か或いは会計系の「各講義・演習科目」を履修し、修士論文を提出する。

企業家スキルアップ志望コース

経営系の「各講義・演習科目」か或いは会計系の「各講義・演習科目」を履修し、修士論文を提出する。

実績

修士課程の修了者

本大学院の修了者は、税理士、会計事務所、団体役員、大学職員、大学教員、博士課程進学など幅広い分野で活躍しております。

特色と研究内容IMAGE1

特色と研究内容IMAGE2

学位論文タイトル(例)

特色と研究内容IMAGE3
修士論文
「連結納税制度のあり方に関する一考察」
「貸倒引当金の研究」
「会社役員と事業判断原則」
「個人形態と法人形態の課税関係の差異に関する一考察」
「持続型高収益企業における戦
略経営と経営革新に関する研究」
「配当規整に関する一考察」 「M&A に関する一考察」
「ストック・オプション課税に関する一考察」
「海外子会社に対する損失負担金と寄付金に関する一考察」
「経済的二重課税に関する研究」
「負債概念の変遷に関する一考察」