学園紹介

建学の精神

松浦昇平先生の銅像  松蔭学園は、昭和16年松浦昇平先生によって創立されました。
先生は敬愛した吉田松陰先生の教えである「知行合一」を教育理念とし、学園の校是としました。 「知行合一」とは、学んで得た知識を行動に生かし、また行動することでさらにその知識を体得していく事です。

本学は創立以来、この建学の精神に則り、学ぶこと、体験することを通じて、人間性を磨き、 知識を実践で生かすことのできる教育に携わってきました。
 21世紀の国際社会では、グローバル化の進展に伴い、異なる文化的背景をもつ人々が出会い、結びつき、共に生きる機会が拡大し、国境を越えた相互理解が必要です。
 本学では、この根底に必要な「他者を思いやる心(ホスピタリティ)」を基盤とし、学習や体験を通じて、文化や言葉などの多様性を認め、人々を尊重しながら、世界で活躍できる、ビジネス、コミュニケーション、観光・メディア、看護のプロフェッショナルの育成をめざします。

知行合一