大学生活

シニア学生の活躍

人生の先輩たちが新入生!松蔭大学の学び

学びやアイディアに年齢は関係ありません。豊かな人生経験を経てからの学びは、10代や20代の頃とは一味違った出会いや発見をもたらしてくれるに違いありません。一方で、若い学生達にとっても、異なる価値観を持ったシニア学生が入学し、日常的に世代や立場を超えた活発な議論が交わせるならば、大きな知的刺激となるはずです。

松蔭大学では、他校に先駆け、2012年度より、シニア学生達の人生経験、社会経験、職業経験等、さまざまな経験を、若い学生達の教育に還元していけるよう、神奈川県内に住む50歳以上の方々を対象とした「シニア学生」の募集を始めました。シニア学生達の持つ多種多様な経験が、若い学生達の教育だけでなく、本学の発展に貢献するであろう事を考慮し、授業料は一般学生の1/3の40万円ちょっと。もちろん4年間で学士号が付与されます。

毎年恒例、教員とのお食事会の様子

シニア学生のみなさんは、学生達にとってだけでなく、教員達にとっても人生の先輩であります(もちろん年配の先生方もいらっしゃいますので、一概にそうは言えませんが)。シニア学生の人生経験・社会経験から恩恵を受けているのは、決して学生達だけではありません。本学の教員も、また大学全体としても、シニア学生の方々の鋭いご指摘やアイディアの恩恵を受け、授業カリキュラムや学生の為のキャリア教育の改善を行っております。

DSCF1593.JPGDSCF1340.JPG


シニア学生のみなさまの声

  • 福原聰(経営文化学部 ビジネスマネージメント学科)
    「若い学生と共に勉強し、テニス部に入部し、忙しくも充実した生活を送っています。人間関係も広がりました。」
  • 米田和男(経営文化学部 ビジネスマネージメント学科)
    「若い人より刺激を受け、学校生活を楽しんでいます。」
  • 稲富利生(コミュニケーション文化学部 異文化コミュニケーション学科)
    「相田みつをの言葉「一生勉強、一生青春」を目標に、この素晴らしいチャンスを下さった松蔭大学に、また妻や家族に感謝です。」
  • 経澤初美(コミュニケーション文化学部 異文化コミュニケーション学科)
    「発見と感動をバネにジャンプしたいです。」
  • 水間てるみ(コミュニケーション文化学部 生活心理学科)
    「メリハリのある生活になって幸せです。頑張って卒業します。」
  • 佐伯洋子(観光文化学部 観光文化学科)
    「新鮮な気持ちで大学の講義を若い学生と受けています。チャレンジ精神 バンザイ!!」
  • 池田智代(観光文化学部 観光文化学科)
    「知識は個人の認識不足を明確にすると思いました。」