学部・学科紹介

コミュニケーション文化学部 日本文化コミュニケーション学科

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本の魅力を観る力、伝える力を磨く。

 現代社会は急速な「グローバル化」の波にさらされています。ハンバーガーを食べて、コンビニで買い物をして、携帯電話でメールを送って、インターネットで動画を見るというライフスタイルは、世界中の若者たちが同じように送っています。これらは大きな楽しさと便利さを与えて<れます。しかし、日本には、長く豊かな歴史に育まれた、独自の芸術や生活様式がたくさんあります。そして、それらの多くが、まさに今、急速に失われようとしています。私たちは、過去から伝えられてきた日本文化の遺産を受け継ぎ、子や孫の世代へしっかりと伝えていかなければならないと考えます。

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

 日本の文化は世界に類を見ない優れたものがたくさんあります。美術・文学・料理といった伝統文化だけでなく、マンガやゲームといった新しい娯楽、さらには日本流の細やかな接客やものづくりが、世界の人々の注目を集めています。今、日本に関心を持つ海外の人々に、日本の魅力を伝える人材が必要とされています。「日本文化コミュニケーション学科」は、次の世代に、世界の人々に、日本の文化を伝えられる人材を育てるために、日本の伝統的な文化と、新しく生まれつつある文化を深く学びます。さらに、さまざまな人と、日本語を使って円滑なコミュニケーションをとるための技術を学びます。

日本文化コミュニケーション学科の概要フロー

日本文化科目

 日本の伝統文化は、美術・文学・料理など、さまざまな領域で世界の国々の注目を集めてきました。近年はそれに加えて、アニメーションやゲームなどの新しい文化も海外から強い支持を得ています。『日本文化科目』では、次のような視点から、日本文化の特色を学びます。

  • 時代別の文化...古代・江戸時代・戦後など
  • 地域別の文化...神奈川・沖縄・環日本海など
  • テーマ別の文化...美術・宗教・食・マンガ・アニメ・音楽など

日本語科目

 日本語は、私たちが日常のコミュニケーションをとる大事な手段です。同時に、日本語は、日本文化の特徴が凝縮された文化を映す鏡でもあります。『日本語科目』では、私たちが普段無意識に使っている日本語の特徴を分析したり、日本語を使ったコミュニケーションの技術を伸ばす練習を行います。

  • 日本語のしくみを分析する...文法・敬語・発音・語彙・文字など
  • 日本語を使う練習をする...レポートを書く・ディスカッションやディベートをする・手紙やメールを書く・漢字や単語の知識を増やす・ビジネス場面で会話や文書作成を行う
  • さまざまな人とコミュニケーションをとる...外国人に日本語を教える・手話を覚える

日本文学科目

 さまざまな時代の文学作品や口承芸能を鑑賞して日本人の美意識の源泉を探り、文学的な感性を身につけます。また、鑑賞するだけではなく、小説や詩を創作したり、演劇や朗読の実践も行ったりして、言葉や身体を使って自分の思いを表現する方法も学びます。

  • 文学作品の観賞...古典文学・近代文学・現代文学・漢文
  • 口承芸能の観賞...演劇・朗読・漫才・落語・歌舞伎
  • 自己表現...小説・エッセイ・詩の創作、演劇・朗読の実践

卒業後の進路

 日本文化コミュニケーション学科では、日本文化への深い理解とコミュニケーション能力を発揮できる幅広い分野で活躍できます。

  • コピーライター、出版社の編集者、ツアーガイド、ホテルマン、事務職、秘書、受付、キャビンアテンダント、販売員、警察官など。
  • 日本語教師、塾の講師など。
ページの先頭へ戻る

特色ある科目

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本文化研究

 200年余り続いた鎖国のなかで、松尾芭蕉に代表される俳句、歌舞伎や浄瑠璃といった芸能など、のちに世界中から注目を浴びる文化が花開いた江戸時代。そのエネルギーの源泉を探ります。

日本文化研究(万葉の時代と文化)

 東アジアの諸地域は、相互の交流・連携・影響を軸に特色のある文化を形成してきました。万葉の世紀における季節・自然・風土と人々の関係に焦点をあてて、大伴家持とその時代に生きた人々の生産・生活・消費の関係を、現代と比較しながら考えます。

沖縄文化研究

 温暖な気候と豊かな海に育まれた沖縄の文化は、日本とアジアの文化の懸け橋でもあります。「うちなーぐち(沖縄言葉)」の初歩を学び、伝統的な音楽・舞踊・演劇を鑑賞します。

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本語教授法

 日本語を外国語として教える「日本語教育」は、私たちが小学校から高校まで受けてきた「国語教育」とはまったく違うものです。日本語がまったく話せない外国人に、日本語だけを使って日本語を教えることってできると思いますか?できるんです!そのテクニックを紹介します。

手話コミュニケーション

 手の動きだけで複雑な意味を伝える「手話」は、実は、日本語とはまったく異なるしくみを持った独自の言語です。その背景にあるろう者の文化を学びながら、手話を覚えて、コミュニケーションの幅を広げましょう!

古典文学研究

「古文は難しい」って思っていませんか?でも『万葉集』や『源氏物語』で描かれている自然の美しさや恋の切なさは、現代の私たちでも共感できるものです。ちょっとした読み方のコツさえつかめば、豊かな古典の世界はすぐそこにあります。

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本文化概論

 みなさんは日本の文化について、どんなことを知っていますか?外国の人に質問されたとき、詳しく話すことができるでしょうか?この授業では、身近なテーマをとり上げながら、日本文化の奥深さを学んでいきます。

日本芸能論

 自分とは違う人間になりきり、からだと声を使って表現する「演劇」。ボケとツッコミの絶妙の掛け合いが笑いを呼ぶ「漫才」。鑑賞だけでなく実践もしながら、新しい自分の可能性を見つけましょう!

文芸創作

 自分の本当の姿、本当の気持ちを人にうまく伝えられなくて、もどかしく思うことってないでしょうか。小説や詩を書くことで、まだ見ぬ誰かにそれを伝えられるかもしれません。創作活動を通して、コミュニケーション能力を高めましょう。

読書と豊かな人間性

 あなたは今まで、どんな本を読んできましたか?自分の読書遍歴についてみんなで語り合ったり、あるテーマに関する本について情報交換したりすることによって、より広く、より深く読書する方法をいっしょに考えましょう。

現代社会と文化

 あなたが今まさに生活しているこの日本。その社会の成り立ちや文化のありようについて、あなたはどれほどのことを知っていますか?この科目では、大学生として、将来的には社会人として当然にわきまえておくべき常識と、その背後にある専門知識を学ぴます。

日本語表現論(ディスカッション)

 私たちをとりまく社会をよりよい方向に向かわせ、個人的にも豊かで充実した活動を行っていくためには、なにが必要でしょうか。それは、一人ひとりが問題やその背景などを「知り」、「考え」、「建設的に意見を述べ合い」「他の人の考えを理解した上で」「判断し」、他者と協力しながら問題を解決していくことです。この授業では、そこに必要な思考力・表現力・判断力を、デイスカッションを通して身につけていきます。

ページの先頭へ戻る

ゼミナール

文学と民俗による日本の探究

 日本は長い歴史と伝統を持っています。豊かな有形また無形の文化によって育まれたきた伝統文化を知るため、繰り返し受け継がれてきた習わし(しきたり-伝統行事、芸能、人生儀礼や年中行事などの民間伝承)や口承文芸そして記載文芸を学びます。そして、それらが日本人の心にどんな影響を与えてきたのかを探ります。そして日本人の持つ大和魂(やまとだましい)<日本の心>を再発見するとともに、日本の伝統文化の継承と未来の文化の創造について勉強していきます。

和のこころを学ぶ

 国際化が進むなか、日本の文化を理解することは、日本人としての誇りを持ち、他国の文化を尊重することにつながります。日本は古くから「和」の国とよばれてきました。「和のこころ」とは、どのようなものでしょうか。衣食住に関すること、芸術や芸能に関することなど、身近で使われているものや地域社会での慣習をとり上げながら、日本人とはなにかを探究していきます。ゼミでは、事例研究や発表を繰り返しながら、「和のこころ」を理解し、他者に伝える能力を養います。

「異文化」の観点から探る日本語・日本文化

 私たちにとって日本語や日本文化は、あまりにも身近な、まるで空気のような存在です。そのため、それがどんなものであるかについて改めて考える機会は案外少ないものです。この演習では、最も身近な言葉である日本語と、その背景にある日本文化について、客観的に観察・分析することをめざします。そのために必要なのは、先入観を捨て、当たり前のことを当たり前と思わない態度です。つまり、外国の人が日本に接する時と同じように、「異文化」の視点から日本語・日本文化を眺めることが大事です。

人間探究としての文学研究・文学教育研究

 近現代文学・近現代児童文学・文学教育を研究対象にします。人間は誰もが自分の物語を持って生きています。こう生きたいという自分の物語があります。しかし、その物語が壊れてしまうこともあります。人間が自分の壊れた物語とどう闘ったかが文学作品には描かれています。その闘いを読者が我がこととして読むのが読書行為です。文学は人間探究の言語芸術といえます。ゼミでは学生それぞれが自分のテーマを持ち、相互啓発で研究を深めます。

環日本海地域で形成された日本文化

 日本海は、「アジアの地中海」と呼ばれることもあります。日本海に接する国々は、古来、海を媒介にして特色のある文化を育んできました。万葉集や正倉院宝物などの天平文化は、"もうひとつの遣唐使"とも呼ばれる日本と渤海国との交流を通して形成されました。本ゼミでは、記録・遺跡・発掘成果の画像資料を活用しながら、唐・渤海・日本を結ぶ交流回廊や、環日本海地域の文化遺産に焦点をあてて、文化の比較と関連を検討します。

日本語のバリエーション

 約1億2千万人の日本人が話している「日本語」は、完全に均質的な言葉というわけではありません。関東・関西・九州などの地域による方言の違いや、若者と年配者といった世代による違いがありますし、特定の職業や専門分野でのみ使われる用語や文体もあります。日本語とは、これらのような多様な言葉の集合体です。このゼミでは、いわゆる「共通語(標準語)」とは異なる、方言・若者言葉・集団語などの調査を通して、日本語の多様性を探ります。

日本語教育学

 現在、世界中で約300万人が日本語を勉強しています。また、日本国内には約200万人の外国人が在留し、そのうち約15万人が日本語を勉強しています。このような人たちに日本語と日本文化を教えることは、最も身近な国際交流の場です。ただ、日本語を外国語として教える「日本語教育」は、日本人が日本語を学ぶ「国語教育」とはまったく異なりますので、その技術と方法について学んで、より良い日本語教師になることをめざします。

日本文学・民俗学

 社会の構造や社会のなかで発生する文化的要素についてさまざまなアプローチから考察し、古くから伝承された民間の信仰や習俗を通して日本人の生活について調査・研究します。

文芸創作

 小説やエッセイなど、文学的文章を書くための技術の習得をめざします。さまざまな文学作品を鑑賞して文章を読むための目を養ったり、エッセイや短編小説を習作して互いの作品を合評したり、人物描写やプロットの立て方などの技術を習得したりします。そして、卒業制作として、2万字程度の小説を完成させることを目標とします。

待遇表現研究

 私たちは、誰かと会話をしているとき、誰かにメールを書いているとき、そのほか言葉を使って活動しているとき、相手に対する配慮をさまざまな形で表しています。あるいは、表現しないことが配慮であったりします。
 日本語では、どのような配慮をどのような言語手段で表したり表さなかったりするかを、実用例を通して分析・考察していきます。

ページの先頭へ戻る

カリキュラム

専門科目

授業科目の名称 配当年次 単位数又は
時間数
備考
必修 選択
日本文化
関連科目
日本文化概論A 1前後 2  
  1. 日本文化概論A・B、日本文化研究E(東アジアの交流と文化)、日本文化研究F(現代社会と文化)を必修とする。
  2. 日本文化関連科目から上記1を含め、
    16単位以上を修得する。
日本文化概論B 1前後 2  
日本文化研究A(風俗史) 2前   2
日本文化研究B(近世文化) 2後   2
日本文化研究C(日本の宗教) 2後   2
日本文化研究D(万葉の時代と文化) 2前   2
日本文化研究E(東アジアの交流と文化) 3後 2  
日本文化研究F(現代社会と文化) 3後 2  
民俗学 2前   2
歴史考古学 2前   2
美術史 2前   2
地域文化史I 2前   2
地域文化史II 2後   2
地域文化論I 2前   2
地域文化論II 2後   2
沖縄文化研究I 2前   2
沖縄文化研究II 2後   2
食文化とコミュニケーション 2前   2
映画研究 2前   2
マンガ研究 2前   2
アニメーション研究 2後   2
神奈川文化論 2後   2
ポピュラー音楽論 2後   2
日本語
関連科目
日本語概論 1前後 2  
  1. 日本語概論、言語学、日本語研究A(文法)、日本語研究C(音声・音韻)、日本語史、日本語表現論A(アカデミックライティング)を必修とする。
  2. 日本語関連科目から上記1を含め、14単位以上を修得する。
言語学 2前後 2  
日本語研究A(文法) 2前 2  
日本語研究B(待遇表現) 3前   2
日本語研究C(音声・音韻) 2前 2  
日本語研究D(語彙・文字) 2後   2
日本語史 2後 2  
社会言語論 2後   2
日本語教授法 2前   2
日本語表現論A(アカデミックライティング) 2前 2  
日本語表現論B(ディスカッション) 2後   2
日本語表現論C(漢字・語彙力養成) 2前   2
日本語表現論D(手紙・メール) 3後   2
日本語表現論E(ビジネス会話・文書) 2後   2
日本語プレゼンテーションI 2前   2
日本語プレゼンテーションII 2後   2
手話コミュニケーションI 2前   2
手話コミュニケーションII 2後   2
日本語総合A 3前   2
日本語総合B 3後   2
日本文学
関連科目
日本文学概論 1前後 2  
  1. 日本文学概論、日本文学史、古典文学研究A(散文)、近代文学研究A(散文)、現代文学研究A(散文)、児童文学研究、漢文学研究Ⅰ・Ⅱ、書道Ⅰを必修とする。
  2. 日本文学関連科目から上記1を含め、20単位以上を修得する。
日本文学史 3前後 2  
古典文学研究A(散文) 2前 2  
古典文学研究B(韻文) 2後   2
近代文学研究A(散文) 2前 2  
近代文学研究B(韻文) 2後   2
現代文学研究A(散文) 2前 2  
現代文学研究B(韻文) 2後   2
児童文学研究 3前後 2  
漢文学研究I 2前 2  
漢文学研究II 2後 2  
日本芸能論A(演劇・朗読理論) 3前   2
日本芸能論B(演劇・朗読実践) 3後   2
日本芸能論C(漫才) 2前   2
日本芸能論D(落語) 2後   2
文芸創作A(小説・エッセイ) 2前   2
文芸創作B(詩歌・コピー) 2後   2
書道I 1前 2  
書道II 1後   2
読書と豊かな人間性 3後   2
異文化
関連科目
コミュニケーション論 1前   2 異文化関連科目から6単位以上を修得する。
異文化コミュニケーション論Ⅰ 1前   2
異文化コミュニケーション論Ⅱ 1後   2
文化交流史 1前   2
異文化論 2前   2
異文化共生論 2前   2
国際関係論 2前   2
文化人類学 2前   2
イギリス文化研究 2前   2
中国文化研究 2後   2
韓国文化研究 2後   2
アメリカ文化研究 2後   2
ヨーロッパ文化研究 2後   2
アジア文化研究 2後   2
アフリカ文化研究 3後   2
比較文化論 3前   2
異文化接触論 3前   2
グローバル化と文化 3前   2
サービス経営
関連科目
ホスピタリティ論I 1前   2 サービス経営関連科目から6単位以上を修得する。
ホスピタリティ論II 1後   2
インターンシップ 2前   2
サービス産業論I 2前   2
サービス産業論II 2後   2
サービス心理学I 3前   2
サービス心理学II 3後   2
企業文化論I 3前   2
企業文化論II 3後   2
トラベルサービス実務 3前   2
ホテルサービス実務 3前   2
レストランサービス実務 3前   2
演習 演習I 3通   4 演習I、総合ゼミIから、1科目を選択・必修とする。
演習II 4通   4
卒業論文 4通   2
総合ゼミI 3通   2
総合ゼミII 4通   2

配当年次の数字は学年を示す。前は前期(半年)、後は後期(半年)開講、前後は前期・後期それぞれ開講することを示す。通は通年(1年間)開講を示す。
授業科目の名称の末尾につけたI、IIはグレードを表します。Ⅰを履修後にⅡを履修することが望ましいのですが、Ⅰ・Ⅱの同時平行履修(Ⅰの単位未修得も含む)することも認められます。

基礎科目

コミュニケーション文化学部 共通カリキュラム »

必要単位数

卒業単位 専門科目 基礎科目 全科目から
132単位 80単位以上 40単位以上 12単位以上

成績について

学習の成果に関わる評価についてはこちら → 成績評価