学部・学科紹介

コミュニケーション文化学部 日本文化コミュニケーション学科

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本の魅力を観る力、伝える力を磨く。

 現代社会は急速な「グローバル化」の波にさらされています。ハンバーガーを食べて、コンビニで買い物をして、携帯電話でメールを送って、インターネットで動画を見るというライフスタイルは、世界中の若者たちが同じように送っています。これらは大きな楽しさと便利さを与えて<れます。しかし、日本には、長く豊かな歴史に育まれた、独自の芸術や生活様式がたくさんあります。そして、それらの多くが、まさに今、急速に失われようとしています。私たちは、過去から伝えられてきた日本文化の遺産を受け継ぎ、子や孫の世代へしっかりと伝えていかなければならないと考えます。

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

 日本の文化は世界に類を見ない優れたものがたくさんあります。美術・文学・料理といった伝統文化だけでなく、マンガやゲームといった新しい娯楽、さらには日本流の細やかな接客やものづくりが、世界の人々の注目を集めています。今、日本に関心を持つ海外の人々に、日本の魅力を伝える人材が必要とされています。「日本文化コミュニケーション学科」は、次の世代に、世界の人々に、日本の文化を伝えられる人材を育てるために、日本の伝統的な文化と、新しく生まれつつある文化を深く学びます。さらに、さまざまな人と、日本語を使って円滑なコミュニケーションをとるための技術を学びます。

nihon_bunka_flow.JPG

日本文化科目

 日本の伝統文化は、美術・文学・料理など、さまざまな領域で世界の国々の注目を集めてきました。近年はそれに加えて、アニメーションやゲームなどの新しい文化も海外から強い支持を得ています。『日本文化科目』では、次のような視点から、日本文化の特色を学びます。

  • 時代別の文化...古代・江戸時代・戦後など
  • 地域別の文化...神奈川・沖縄・環日本海など
  • テーマ別の文化...美術・宗教・食・マンガ・アニメ・音楽など

日本語科目

 日本語は、私たちが日常のコミュニケーションをとる大事な手段です。同時に、日本語は、日本文化の特徴が凝縮された文化を映す鏡でもあります。『日本語科目』では、私たちが普段無意識に使っている日本語の特徴を分析したり、日本語を使ったコミュニケーションの技術を伸ばす練習を行います。

  • 日本語のしくみを分析する...文法・敬語・発音・語彙・文字など
  • 日本語を使う練習をする...レポートを書く・ディスカッションやディベートをする・手紙やメールを書く・漢字や単語の知識を増やす・ビジネス場面で会話や文書作成を行う
  • さまざまな人とコミュニケーションをとる...外国人に日本語を教える・手話を覚える

日本文学科目

 さまざまな時代の文学作品や口承芸能を鑑賞して日本人の美意識の源泉を探り、文学的な感性を身につけます。また、鑑賞するだけではなく、小説や詩を創作したり、演劇や朗読の実践も行ったりして、言葉や身体を使って自分の思いを表現する方法も学びます。

  • 文学作品の観賞...古典文学・近代文学・現代文学・漢文
  • 口承芸能の観賞...演劇・朗読・漫才・落語・歌舞伎
  • 自己表現...小説・エッセイ・詩の創作、演劇・朗読の実践

卒業後の進路

 日本文化コミュニケーション学科では、日本文化への深い理解とコミュニケーション能力を発揮できる幅広い分野で活躍できます。

  • コピーライター、出版社の編集者、ツアーガイド、ホテルマン、事務職、秘書、受付、キャビンアテンダント、販売員、警察官など。
  • 日本語教師、塾の講師など。
ページの先頭へ戻る

特色ある科目

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

伝統文化

 「伝統文化」は変わらない価値と精神、歴史的な存在意義を持つものです。古くから伝承された民間の信仰や習俗を通して日本人の生活を明らかにしていく科目です。世代を超えて伝承されてきた習わしの意味を考え、日本人の心を探ります。忘れられた日本の原点を発見しましょう。

 

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

現代文学研究

 今を生きる私たちの問題を物語で描くのが現 代文学です。「現代文学研究」は、現代人の 悩みや闇の絶望からいかにして幸せになれるの か、生きる意味は何なのかを小説や詩の文芸作 品で生きてみるのです。 小説では村上春樹「タクシーに乗った吸血 鬼」、よしもとばなな「みどりのゆび」、江國香織 「デューク」などを取り上げました。毎回、ブッ クトークを楽しんでいます。
 

日本文化コミュニケーション学科IMAGE

日本芸能論

 日本芸能論の授業は演習が中心の授業です。その人らしい声や身振りを引き出すことで、緊張している身体を自由にすることを めざしています。昨年は、映画「スパイダ ーマン」のパンフレット、落語「まんじゅうこわい」、お笑いの台本等を取り上げました。また、松蔭祭には地域の「相模人形劇長谷座」の公演を企画運営しました。

ページの先頭へ戻る

カリキュラム

専門科目

授業科目の名称 配当年次 単位数又は
時間数
備考
必修 選択
日本文化
関連科目
日本文化概論 1前 2  
  1. 日本文化概論、日本文化研究E(東アジアの交流と文化)を必修とする。
  2. 日本文化関連科目から上記1を含め28単位以上を修得する。
日本文化研究A(風俗史) 2前   2
日本文化研究B(近世文化) 2後   2
日本文化研究C(日本の宗教) 2後   2
日本文化研究D(万葉の時代と文化) 2前   2
日本文化研究E(東アジアの交流と文化) 3後 2  
日本文化研究F(現代社会と文化) 3後   2
民俗学 2前   2
歴史考古学 2前   2
美術史 2前   2
地域文化史Ⅰ 2前   2
地域文化史Ⅱ 2後   2
地域文化論Ⅰ 2前   2
地域文化論Ⅱ 2後   2
沖縄文化研究Ⅰ 2前   2
沖縄文化研究Ⅱ 2後   2
マンガ研究 2前   2
アニメーション研究 2後   2
日本文化演習A 3前   2
日本文化演習B 3後   2
日本語
関連科目
日本語概論 1前 2  
  1. 日本語概論、言語学、日本語研究A(文法)、日本語研究C(音声・音韻)、日本語史、日本語表現論A(アカデミックライティング)を必修とする。
  2. 日本語関連科目から上記1を含め20単位以上を修得する。
言語学 2後 2  
日本語研究A(文法) 2前 2  
日本語研究B(待遇表現) 3前   2
日本語研究C(音声・音韻) 2前 2  
日本語研究D(語彙・文字) 2後   2
日本語史 2後 2  
日本語教授法 2前   2
日本語表現論A(アカデミックライティング) 2前 2  
日本語表現論B(ディスカッション) 2後   2
日本語表現論C(漢字・語彙力養成) 2前   2
日本語表現論D(手紙・メール) 3後   2
日本語表現論E(ビジネス会話・文書) 2後   2
日本語プレゼンテーション 2前   2
日本語演習A 3前   2
日本語演習B 3後   2
日本文学
関連科目
日本文学概論 1前 2  
  1. 日本文学概論、日本文学史、古典文学研究A(散文)、近代文学研究A(散文)、現代文学研究A(散文)、児童文学研究、漢文学研究Ⅰ・Ⅱ、書道Ⅰを必修とする。
  2. 日本文学関連科目から上記1を含め24単位以上を修得する。
日本文学史 3後 2  
古典文学研究A(散文) 2前 2  
古典文学研究B(韻文) 2後   2
近代文学研究A(散文) 2前 2  
近代文学研究B(韻文) 2後   2
現代文学研究A(散文) 2前 2  
現代文学研究B(韻文) 2後   2
児童文学研究 3前 2  
漢文学研究Ⅰ 2前 2  
漢文学研究Ⅱ 2後 2  
日本芸能論A 3前   2
日本芸能論B 3後   2
文芸創作 2前   2
書道Ⅰ 1前 2  
書道Ⅱ 1後   2
読書と豊かな人間性 3後   2
日本文学演習A 3前   2
日本文学演習B 3後   2
演習 演習Ⅰ 3通   4 演習Ⅰ、総合ゼミⅡから1科目を選択・必修とする。
演習Ⅱ 4通   4
卒業論文 4通   2
総合ゼミⅠ 3通   2
総合ゼミⅡ 4通   2

配当年次の数字は学年を示す。前は前期(半年)、後は後期(半年)開講、前後は前期・後期それぞれ開講することを示す。通は通年(1年間)開講を示す。
授業科目の名称の末尾につけたI、IIはグレードを表します。Ⅰを履修後にⅡを履修することが望ましいのですが、Ⅰ・Ⅱの同時平行履修(Ⅰの単位未修得も含む)することも認められます。


授業内容検索 ※詳しい授業内容はこちらで検索、閲覧することができます。

基礎科目

コミュニケーション文化学部(子ども学科除く) 共通カリキュラム »


必要単位数

卒業単位 専門科目 基礎科目 全科目から
124単位 80単位以上 30単位以上 14単位以上

成績について

学習の成果に関わる評価についてはこちら → 成績評価