資料請求

看護学部 看護学科 看護学部 看護学科

松蔭大学の看護教育は、日々進化を続ける医療の現場で、「自信を持って仕事に取り組めるプロの看護師」の育成を目標としています。

「知行合一」すなわち、「学んで得た知識を行動に生かすことで、さらにその知識を体得する」が松蔭大学の建学精神です。
「知ること=基礎知識と技術の学習」と「行うこと=病院実習等の臨地学習」の繰り返しによって得た実践能力こそが、社会に出てからの自信となり、プロの看護師としての活躍につながります。

看護学部の特長

優れた人間性と確かな看護実践能力を備えた看護師を養成

本学が目指すのは、「将来にわたり医療の分野で通用する知識・技術、実践・研究能力を備えた」看護人材の養成です。
そのため看護学部では、豊富な基礎(教養)科目に加え、看護知識・技術の習得を目的とした学内演習(全領域にわたる援助演習科目)や看護実践能力をより確かなものにする臨地実習等、多彩な科目を学びます。

社会で求められる看護師を養成

医療が高度化することに伴い、医療に携わる者の役割が分担され、看護師の仕事もより専門的な知識や技術が求められます。
本学の教育課程は、このような医療の高度化に対応できる人材の育成はもとより、高齢化社会を見据えた健康な高齢者や地域に根付いた医療活動にも対応できる、「ホスピタリティ(他者を思いやる心)」豊かな看護人材の育成を目指しています。

看護学部の特長IMAGE

本学の特長

松蔭大学の教育(地域へ、そして世界へ)

  • 地域密着型
    神奈川県は最も看護師の不足している県の一つ
    です。松蔭はまず地域に密着した看護師の育成を
    目指します。
  • 世界へ
    看護師は世界でも不足しています。松蔭はグロ
    ーバルに活躍できる看護人材の育成も目指しま
    す。イギリス、EU圏(一部を除く)、オースト
    ラリアなどでは英語ができれば、登録制度という
    優遇措置を利用して現地で看護師として働くこと
    も可能です。
  • 看護プラスアルファ
    松蔭では文系3学部が看護+αを応援します。
    看護+マネージメント、看護+英語コミュニケー
    ション、看護+メディア。個人のニーズ
    に応じた多様なプログラムの構築が可能です。

実習室

質の高い快適な教育環境を実現するため最新の設備と実習スペースを用意しています。

  • 基礎・精神看護実習室の様子
    基礎・精神看護実習室の様子
  • 在宅看護実習室の様子
    在宅看護実習室の様子
  • 母性・小児看護実習室の様子
    母性・小児看護実習室の様子

大学生活

 豊かな大学生活を過ごせるように、松蔭大学内施設・設備は、大変充実しております。ここでは、その施設の一部をご紹介いたします。

  • カフェテリア
    カフェテリア
  • フィットネスルーム
    フィットネスルーム
  • パウダールーム
    パウダールーム

クラブ・サークル活動

バレーボール部や駅伝部、ダンス部、バンド同好会など、学生たちは楽しく充実したキャンパスライフをおくっています。

  • 女子バスケットボール部
    女子バスケットボール部
  • 女子バレーボール部
    女子バレーボール部
  • 女子駅伝部
    女子駅伝部

奨学金について

  • 松韻会(本学同窓会)
  • 日本学生支援機構
  • 神奈川県看護師等修学資金貸付金(個人の契約)
  • 各病院などの奨学金(個人の契約)

特待生制度

 一般入試第Ⅰ期合格者のうち、成績優秀者はスカラシップ特待生として初年度学納金のうち、入学金330,000円を免除します。

本学の特長IMAGE

カリキュラム

カリキュラムポリシー

 「知行合一」の精神を堅持するために、自己の課題を明確にし、自己を成長させるために主体的に取り組み成果を得られるようカリキュラムを編成しました。

カリキュラムIMAGE

人間理解と社会科学領域

 基本的な人間と社会について理解し、それらに関連する理論をもとに看護専門職としての自己の課題を明確にし、自己の成長に向け学ぶことができます。

健康科学領域

 健康科学、病態学、先進医療の分野で、心身の障害の成り立ち、心身の健康破綻時の病態およびその回復過程を理解し、患者を擁護し、 社会の多様性やグルーバル化などに対応する看護活動に関わることができるように学べます。

看護科学領域と統合領域

 看護の基礎、リプロダクティブ・ヘルス看護、小児期・成人期・老年期の看護、精神の看護、在宅の看護の7つの看護分野を構成し、 看護の対象や生活環境をどうとらえるか、看護をどのようにとらえるかをさまざまな視点からアプローチでき、自己の看護実践活動力の向上に つなげる学びができます。併せて当看護学部では、看護課程の実践力の個人指導強化、救急看護では一時蘇生法(BLS)の資格取得、 看護研究の基本的な知識の個人指導の実施があります。 7つの看護分野全体を見渡し、医療とは何か、看護とは何か、これからの看護が担うべき役割は何かを改めて問い直し、 これからの世界の医療・看護や我が国の医療の中での看護の役割を考え自己研鑽の必要を学びます。

教育課程等の概要

基礎分野
ヒューマンケアリング 心の理解と共有(2)※
ストレスマネジメント(2)※
生命倫理(1)※
吉田松陰論(2)☆
経済学(2)☆
哲学(1)☆
コミュニケーション理論と実際(2)※
教育学(1)☆
感情と行動(2)※
人間と環境(2)☆
体育実技(1)☆
情報技術 情報基礎(1)※
看護情報(1)※
保健衛生統計(1)※
マルチメディア表現(2)☆
自然言語 英語コミュニケーション(1)※
看護英語A(看護原書講読)(1)※
看護英語B(病院内会話)(1)※
中国語コミユニケーション(1)☆
日本語表現法(2)☆◎
社会の理解 保健医療福祉行政と政策(1)※
医療と経済(1)※
看護関係法規(1)※
社会学(2)☆
世界の医療保健制度(1)☆
専門基礎分野
健康科学と病態学 身体の構造と機能A(総論、消化器、呼吸器、血液・造血器、循環器、 腎・泌尿器、骨格・筋肉、皮膚、生体防御系、 男性生殖器、女性生殖器、受精と発生、成長と加齢)(2)※
身体の構造と機能B (脳神経系、消化器、呼吸器、内分泌、循環器、 腎・泌尿器、男性生殖器、女性生殖器、 眼・耳・鼻、皮膚)(2)※
病態学総論 (細胞障害・変性と壊死、修復と再生、遺伝疾患、 栄養・代謝障害、循環障害、炎症、腫瘍、感染、 病と人間の反応など)(1)※
健康障害A (脳・神経系、消化器系、内分泌・栄養・代謝系、 泌尿器系、水電解質・酸塩基平衡形、 物理・化学的因子による健康障害、感覚器系)(2)※
健康障害B (呼吸器系、循環系、血液・造血系、感染防御系)(2)※
薬物や放射線による人間の反応 (1)※
運動器系の健康障害(1)※
小児の健康障害(1)※
精神・心理の健康障害(1)※
看護のための栄養学(1)※
公衆衛生(2)※
看護のための生化学(2)※
化学の基礎(2)☆◎
生物の基礎(2)☆◎
先進医療 災害・救急時医療と看護(2)※
医療安全管理(1)※
先端医療(1)※
専門分野
看護の基礎 ライフステージと発達看護論(1)※
看護学原論(2)※
看護理論と実践(1)☆
フィジカルアセスメント演習(1)※
生活援助技術演習Ⅰ(2)※
生活援助技術演習Ⅱ(2)※
医療支援技術(2)※
看護方法論(看護過程)演習(1)※
基礎看護ケア実践Ⅰ(看護活動の実際)(1)※
基礎看護ケア実践Ⅱ(生活の援助)(2)※
リプロダクティブ・ヘルスの看護 リプロダクティブ・ヘルス援助論(2)※
リプロダクティブ・ヘルス援助演習(2)※
生殖・周産期看護ケア実践(2)※
小児期の看護 小児発達援助論(2)※
小児発達援助演習(2)※
小児看護ケア実践(2)※
 成人期の看護  成人発達援助論(2)※
成人発達援助演習Ⅰ(急性期・回復期)(2)※
成人発達援助演習Ⅱ(慢性期・終末期)(2)※
急性期・回復期看護ケア実践(3)※
慢性期・終末期看護ケア実践(3)※
老齢期の統合 老年発達援助論(2)※
老年発達援助演習(2)※
老年看護ケア実践Ⅰ(施設内の高齢者ケア)(3)※
老年看護ケア実践Ⅱ(地域老年の健康指導・支援の実際)(1)※
精神の看護 精神看護援助論(2)※
精神看護援助演習(2)※
精神看護ケア実践(2)※
災害時精神的援助論(1)☆
アディクション看護論(1)☆
在宅の看護 地域看護論(1)※
在宅看護援助論(地域包括ケアを踏まえた看護)(2)※
在宅看護援助演習(2)※
在宅看護ケア実践(2)※
家族看護学(1)※
医療・看護の統合 看護と倫理(1)※
看護マネジメント論(1)※
看護マネジメント実践(統合実習)(2)※
看護研究方法論(1)※
看護研究(4)※
国際医療と看護(1)※
卒業演習(1)※
医療系アドバンスセミナー(1)※
健康教育論(1)※
産業保健(1)☆
先端医療と看護(1)☆
( )は単位数、※は必修科目、☆は選択必修科目、◎は指定した者は必修


必要単位数

卒 業 単 位 基礎分野 専門基礎分野 専門分野
125単位 必修科目を含め26単位以上 必修科目を含め24単位以上 必修科目を含めて75単位以上

成績評価について

学習の成果に関わる評価についてはこちら → 成績評価


2020年度 シラバス(講義要項)

実習

実習IMAGE

 実習は、大学近郊の病院をはじめとして、神奈川県下の総合病院、救急医療を扱う病院、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、幼稚園など、さまざまな役割を持つ実習先で学びます。多種多様な施設で実習を行うことは、それぞれの施設の看護に対する考え方や看護場面の実際を数多く知ることができ、将来自分にあった職場選びをする際にも役立つ経験となります。

実習先

  • 基礎看護学・成人看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学
    厚木市立病院、東名厚木病院、平塚市民病院、海老名総合病院、日野市立病院、鶴巻温泉病院、藤沢市民病院などの公立・民間病院、また本学園の経営する松蔭幼稚園で実習を行うことができます。
  • 老年看護学
    近郊の介護老人保健施設や公的老人施設等5施設を予定。
  • 在宅看護
    神奈川県下の訪問看護ステーション等12施設を予定。
※上記内容は予定であり、変更する場合があります。

入試情報

※令和3年度(2021年度)の情報を公開しました。

1. 入学者の選抜方法等 入学定員:80名

1.学校推薦型選抜(38名)
  ①(指定校)

・高等学校からの調査書、推薦書

・面接

  ②(公募)

・高等学校からの調査書、推薦書

・面接

・基礎学力テスト(マークシート方式)

  Ⅰ.国語(国語総合、現代文B)

  Ⅱ.英語(コミュニケーション英語基礎、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ)

        各50点 合計100点の結果から総合的に合否判定を行います。


2.一般選抜(33名)
・面接

・筆記試験(マークシート方式)   

  Ⅰ.国語(国語総合、現代文B)※必修科目

  Ⅱ.英語(コミュニケーション英語基礎、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ)、生物(生物基礎)

   ※選択科目: 英語、生物から1科目を選択する(事前登録制とし、当日の科目変更は認めません。)

    各100点 合計200点の結果から総合的に合否判定を行います。


3.大学入学共通テスト利用選抜(7名)
  Ⅰ.国語・英語から1科目選択

国語は、近代以降の文章  英語は、リスニングを除く。

  Ⅱ.数学・理科から1科目選択

数学は、「数学Ⅰ」,「数学Ⅰ・数学A」  理科は、「物理基礎」,「生物基礎」,「化学基礎」,「物理」,「生物」「化学」
基礎を付した科目は2科目の合計点を1科目の得点とみなします。
基礎を付さない科目は、1科目の得点とします。
                          
2科目の合計点及び調査書により合否判定を行います。


4.特別選抜(社会人)(2名)
・面接

・基礎学力テスト(マークシート方式)

 Ⅰ.国語(国語総合、現代文B)※必修科目

 Ⅱ.英語(コミュニケーション英語基礎、コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ)※必修科目

  
各50点 合計100点の結果から総合的に合否判定を行います。

【受験資格】

23歳以上の者で、次のいずれかに該当する者とします。

a)高等学校(中等教育学校を含む)を卒業した方。

b)通常課程による12年の学校教育を修了した方。

c)学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第69条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる方。



2. 入試日程と方法


入試内容 試験日 出願期間 合格発表 募集人員 入学手続
学校推薦型選抜(指定校) Ⅰ期 令和2年11月21日(土) 11/1(日)~11/14(土) 12/1(火)
38
12/1(火)~12/11(金)
Ⅱ期 令和2年12月5日(土) 11/24(火)~12/3(木) 12/8(火) 12/8(火)~12/18(金)
Ⅲ期 令和2年12月19日(土) 12/7(月)~12/14(月) 12/22(火) 12/22(火)~1/5(火)
学校推薦型選抜(公募) Ⅰ期 令和2年11月21日(土) 11/1(日)~11/14(土) 12/1(火) 12/1(火)~12/11(金)
Ⅱ期 令和2年12月5日(土) 11/24(火)~12/3(木) 12/8(火) 12/8(火)~12/18(金)
Ⅲ期 令和2年12月19日(土) 12/7(月)~12/14(月) 12/22(火) 12/22(火)~1/5(火)
一般選抜 Ⅰ期 令和3年1月30日(土) 1/12(火)~1/25(月)  2/2(火) 22 2/2(火)~2/12(金)
Ⅱ期 令和3年2月13日(土) 1/27(水)~2/8(月)  2/16(火) 7 2/16(火)~2/26(金)
Ⅲ期 令和3年3月11日(木) 2/26(金)~3/7(日)  3/13(土) 4 3/13(土)~3/25(木)
特別選抜(社会人) - 令和2年12月5(土) 11/24(火)~12/3(木) 12/8(火) 2 12/8(火)~12/18(金)
大学入学共通テスト利用選抜 Ⅰ期 試験は実施しません 1/12(火)~2/2(火)  2/10(水)
7
2/10(水)~2/19(金)
Ⅱ期 試験は実施しません 2/5(金)~2/16(火)  2/20(土) 2/20(土)~3/2(火)

試験会場は厚木森の里キャンパスです。
 

3. 入学試験要項

入学選抜要項・出願書類は7月下旬頃こちらからお取り寄せできます。

4. 受験料について

30,000円

5. 学納金について

学納金

  • 入学金: 33万円(入学時のみ)
  • 授業料: 88万円(年額)(※ 1)
  • 実験実習費・教育充実費・学習費: 各20万円、合計60万円(年額)(※ 2)
  • その他雑費(※ 3)

※1:授業料については、前学期と後学期に分けて納入することができます。
※2:「実験実習費」は、実習、体育、情報処理科目などに充てる費用の合計。「教育充実費」は、①健康診断、保健衛生 ②冷暖房、通信費 ③清掃衛生に充てる費用の合計。「学習費」は、図書・教材・用紙等に充てる費用の合計です。
※3:初年度のみ7万3千円、2年次以降は年額3万6千円。寄付金や学校債は一切ありません。

特待生制度について

スカラシップ特待生

一般選抜第Ⅰ期合格者及び大学入学共通テスト利用選抜第Ⅰ期合格者のうち、成績優秀者はスカラシップ特待生とし、初年度学納金のうち330,000円(入学金)が免除されます。
 

アドミッションポリシー

 本学部は、看護専門職として多様な職種との連携と協働する現場において、看護実践の根拠となる知識・技術及び看護専門職として社会の求める役割を果たし、人々の健康・福祉に貢献できる看護専門職の教育を目指しています。

1)看護専門職を目指す明確な意思と確かな学力
   看護専門職になる意思があり、読解力、文章力、計算力、判断力、思考力など論理的な思考の基盤となる学力を有している方

2)人としての豊かな感性と協調性
   他者を思いやることができ、家族・友人などと話し合い協力し主体的に行動できる方

3)看護専門職としての努力と忍耐
   常に新しい問題について挑戦・努力する意識をもち、看護の実践や研究に取り組む意思をもつ方