最新ニュース

2017年12月12日学内合同企業研究会を開催しました。

 3月1日スタートの就職活動にむけて、3年生を対象とした学内合同企業研究会を12月8日(金)に開催しました。
 当日は、当校のOB・OGが就職した企業を中心に、12社の企業様にご出席いただき、業界毎の事業内容や景気動向、また営業職、事務職等の仕事について説明していただきました。
 学生たちにとって、就職先を決めるにあたって大いに参考となりました。

P1010494.JPG  P1010488.JPG

2017年12月11日NZ・キングスハイスクール訪問団の歓迎会が開催されました。

 12月8日(金)厚木市の提携都市ニュージーランドのキングスハイスクールの高校生15人と先生3名が来学しました。

 異文化コミュニケーションの学生達が学生生活と日本の文化を紹介し、ダンス部がキングスの高校生と「学園天国」の曲で一緒に踊り、折り紙をして楽しみました。 

 石上教授の正月の遊びのパワーポイントと、百人一種のカルタ取りをし、松浦副学長の大学紹介、学生の案内によるキャンパスツアーをして、本学学生達と和やかにランチとりました。キングスの生徒さんから感謝の言葉を頂戴し、充実した3時間でした。

 国際交流委員会の廣本委員長の指導の下、参加して頂いた皆様に感謝致します。

IMG_3988.jpg IMG_3949.JPG

IMG_3921.jpg  IMG_3988.JPG 

2017年12月 6日観光メディア文化学部 和田教授がタウンニュースで紹介されました。

観光メディア文化学部 観光文化学科の和田烈教授がタウンニュース 厚木版(2017年12月1日号)の「人物風土記」で紹介されました。

記事はこちら⇒ 名誉唎酒(ききざけ)師として日本酒の魅力や食文化を伝える 和田 烈(いさお)さん 



2017年11月28日立野ゼミが大学生ソフトウエア開発大会にて受賞

第九回山東省大学生科学技術フェスティバル(第十五回山東省大学生ソフトウエア開発大会)において、松蔭大学の立野研究室(ゼミ)と曲阜師範大学の袁研究室の共同研究「タブレット端末によるビジネスゲームの開発」が優秀外国チーム賞を受賞しました。

11月25日(土)に山東交通学院長清キャンパス学術報告ホールで授賞式が行われました。

2017年11月13日子ども学科、高校への出前授業スタート!

 平成29年4月より、子ども学科が新設されました。 子ども学科では、幼稚園の先生や保育士になりたいと考えている高校生の皆さんを対象に、大学での授業を模擬体験、幼稚園の先生や保育士の仕事について学ぶ、実際の保育の模擬体験などの出前授業をスタートさせました。
本校の教員が学校にお伺いして、授業をさせて頂きます。これからの進路選択に大いに役立つ授業ばかりです。
皆様の積極的な申し込みをお待ちしております。
【教員紹介・出張講義一覧】※画像をクリックすると、拡大表示します。
kodomo_lesson1.JPGkodomo_lesson2.JPG
 
【お申込み窓口】
松蔭大学 広報部
(TEL)046-247-1511(代表)

2017年10月11日第18回松蔭祭のお知らせ


第18回松蔭祭を10月21日(土)・22日(日)に開催いたします。
是非皆さまお誘いあわせの上、松蔭大学までお越しください。

※画像をクリックすると、拡大表示します

チラシjpeg.JPG講演会jpeg.JPG





2017年9月21日あつぎ協働大学特別講座を看護学部で開催しました。

2017年8月10日に「松蔭大学で看護のことを知ろう!-自分の体を調べてみようー」を看護学部が開催しました。
そちらの詳しい様子はこちらをクリックしてください。⇒あつぎ協働大学特別講座

2017年9月21日看護学部出前講座の紹介


今年も看護学部教員による出前講座活動を行っています。
詳しくはこちらをクリックして下さい⇒平成29年度出前講座一覧

2017年8月29日夏休み子ども不思議体験-作って遊んでみよう-開催

 8月10日(木)に、厚木市における地域貢献活動の一貫として、あつぎ協働大学特別講座が本学にて開催されました。
 主たる講師は、子ども学科の永井由利子教授で、「考える・工夫する・楽しく遊ぶ」という題目で、「マジックカード(算数で手品)」と「パラシュート作り」の活動を行いました。児童たちは、中庭アナトリウムの3階からパラシュートを飛ばして楽しみました。開催時間は、午前10時から12時で、参加者は、児童28名、保護者16名と盛況でした。参加者からは、来年も開催してほしいとの要望が出されました。

 

fushigi_taiken.JPG

2017年5月 8日英検「奨励賞」受賞のお知らせ

 日本英語検定協会・平成28年度成績優秀団体選考委員会によって、松蔭大学が「奨励賞」に選ばれました。この賞は、年3回の検定試験に、毎回多数の受験者があった団体に贈られます。本学では、受験者の人数が増えるとともに、準1級・1級を受験する学生が出てきました。「英語でコミュニケーションができるようになりたい」という、学生の前向きの姿勢が現われ、嬉しく思っています。英語の習得が、より多くの学生の飛躍への一歩となることを願っています。
異文化コミュニケーション学科 学科長 廣本和枝
 
2017英検奨励賞.jpg