最新ニュース

2015年1月22日厚木市青年会議所より感謝状をいただきました

平成25年に続き、26年の活動に対して厚木市青年会議所から感謝状を授与されました。
 
26年に協力した事業
  • 「未来につなげる円と縁 絆リレー」
  • 「青年会議所 神奈川ブロック大会」
  • 10月例会 「目指せ!明るい豊かな社会」
 
今後も松蔭大学のある厚木市に貢献していきたいと思います。
 
 厚木青年会議所さんとは未来に繋げる円と緑 絆リレー、神奈川ブロック大会、10月例会で厚木青年会議所の方々と関わらせて貰いました。普通に大学生活を送っていたらなかなか関われない社会人の方々と一緒に活動させていただき、多くのことを体験、勉強しました。
 この経験を活かして来年また感謝状をいただけるように学生一同頑張りたいと思います。
(松蔭大学観光メディア文化学部観光文化学科2年 小松裕亮)
 
活動詳細
日時:1月20日(火)20:45〜21:30
場所:厚木商工会議所
内容:厚木西南会議所より感謝状授与
参加人数:小松裕亮、長谷川夏志、村上美於(観光文化学科4年 )、五十嵐愛里(3年)、龍田愛海(ビジネスマネジメント学科2年)
指導教員:藤巻貴之(コミュニケーション文化学部生活心理学科)

厚木感謝状1.JPG厚木感謝状2.JPG厚木感謝状3.JPG

2015年1月22日福島県浪江町訪問 報告会

平成26年12月17-18日に本学の学生3名が福島県浪江町へ視察に行きました。その報告会が開催されました。学生・教員など30名程参加しました。
 
 報告会で震災前は浪江町にはたくさんの観光資源があったことや震災が起き、津波でほとんど流されてしまったこと、そして現在も厳しい状況であることを知りました。この報告会で印象に残っている言葉が2つあります。
 1つは林さん(4年生)の「マスコミを通して知るとどこか遠い国のように感じてしまう」という言葉です。同じ日本に住んでいても自分の目で見ないと実感が湧かない人が多いのではないでしょうか。2つ目は橋本さん(1年生)の「支援から応援へ」という言葉です。これからは支援をするという形でなく、一緒に頑張ろうと背中を押すように応援していこうと言っていて素敵な考えだと思いました。
 他人事のように考えるのではなく、みんなで一緒に頑張っていくという考えが、私たちの世代に必要なのだと強く感じました。
 (観光メディア学部観光文化学科3年 五十嵐愛里)
 
活動詳細
日時:1月14日(水)12:20〜13:00
場所:森の里キャンパス3502教室
内容:学生3名が福島県双葉郡浪江町(二本松事務所)へ訪問しました。現地を自らの目で見てきました。学生が浪江町の現状と学生の感じことを報告してくれました。
報告者:橋本優(ビジネスマネジメント学科1年)、林 香穂(観光文化学科4年)、小松裕亮(観光文化学科2年)

 浪江町1.jpeg

2014年12月27日「かながわ移動観光大学in厚木」が開催されました。

 本学はじめ県内の観光関連学部、観光関連学科を持つ4つの大学(松蔭大学・東海大学・文教大学・横浜商科大学)と神奈川県で構成するかながわ観光大学推進協議会の事業として、「かながわ移動観光大学in厚木」が、12月4日(木)、アミュー厚木で開催されました。厚木市、厚木市観光協会との共催で行われ、本学が事務局として、企画、運営をお手伝いいたしました。
 当日は、厚木市、周辺市町村の観光主幹課、観光協会といった観光振興に携わる皆さま、また、各地で観光事業に取り組む皆さま、また、観光に興味をお持ちの市民の皆さま、合わせて、80名を超える方々にご参加いただきました。パネルディスカッションでは、観光メディア文化学部鷲尾裕子准教授がコーディネーターを務め、自動車観光、アウトドアスポーツ、観光振興といった、厚木市の観光を盛り上げるために必要な専門分野のパネラーの皆さまから、具体的で最新の情報をいただきながら、有意義な意見交換が進められました。本学からも、長坂副学長、松浦副学長、澤田観光メディア文化学部長の他、教員も多く参加し、交流を広げました。
 当日は、11名の学生が参加し、会場設営、受付、誘導、撤収作業等に、チームワークの良さで、スムーズな運営に力を尽くしました。

観光大学2.JPG 観光大学3.JPG

2014年12月27日黒岩知事との対話の広場へ参加

11月4日(火)におこなわれた対話の広場に学生9名が参加してきました。
「健康長寿社会を考えよう」というテーマで学生がアイディアを出し、当日は五十嵐さんが黒岩知事に交流のあり方を提案しました。
 
五十嵐さんの提案
高齢者と私たち世代が交流できる「居場所」を作ることで、お互いの理解を深められるのではないだろうか。これまでの地域活動で触れ合ったことを生かして、「今日は私が先生」という高齢者と若い世代がお互いに教え合う学校システムを提案しました。
(松蔭大学観光メディア文化学部観光文化学科3年 五十嵐愛里)
 
活動詳細
日時:11月4日(火)18:30〜20:00
場所:大和渋谷学習センター(高座渋谷)
内容:黒岩知事の「対話の広場(県央版)」への参加。
参加人数:9名 五十嵐愛里(観光3年)、村上美於(観光4年)、長谷川夏志(観光4年)、他6名
指導教員:藤巻貴之(コミュニケーション文化学部生活心理学科)

 対話の広場.JPG

2014年11月25日松蔭大学の学生のアイディアを盛り込んだ動画が配信されています

25年度に学生がおこなった体験・交流型資源調査の知識を生かし、学生から神奈川県県央地域政策総合センターに動画のアイディアを提案しました。その動画が完成し、11月より各所で配信されています。
 
1.あつぎビジョン(本厚木駅北口駅前) 毎時06分と36分に配信。
 期間:12月13日まで
2.神奈中車内(デジタルサイネージ)
 11月 厚木営業所、町田営業所、綾瀬営業所
 12月 相模原営業所、茅ヶ崎営業所、戸塚営業所、藤沢営業所

*県央地域観光CMの動画はこちらから見れます。

活動詳細
参加者:齋藤早苗、村上美於(観光文化学科4年)、五十嵐愛里、中村直美(観光文化学科3年)、小松裕亮(観光文化学科2年)、龍田愛海(ビジネスマネジメント学科2年)
指導教員:藤巻貴之(コミュニケーション文化学部生活心理学科)


  image1.jpeg

2014年11月14日就活生の為のメイクアップ講座を開催しました

就活サロン特別講座「就活メイクアップ講座」を11月5日、13日の二日間行いました。
当日は、現在も現役でヘアメイクのお仕事をされている本学観光メディア文化学部のシニア学生3年生の佐伯洋子さんを講師にお迎えし、就活に対応した講義に実践を交えて行っていただきました。
二日間で、17名の3年生女子が参加し、プロのヘアメイク&メイクテクニックを見て、驚きや感動の声が聞かれたり、率直な質問が上がったりと、充実した講座になりました。
(参加者の声)
流行りやイマドキのメイク方法しか知らなかったですが、就活のための大人の女性としてのメイクの仕方を学べたのでとても良かったです。もっとたくさんの学生に受けてほしいです。                                                 (生活心理学科3年生 井上遥香さん)





 

2014年10月10日2014年度 あつぎ協働大学のご案内 

あつぎ協働大学のご案内  ←こちらをクリックしてください

2014年6月 5日今年も座間市「大凧まつり」に参加!

「座間の大凧まつり」に参加してきました。今年は2度目のチャレンジ!
 200年以上の歴史を持つ伝統的なお祭り「大凧まつり」は、105畳、約1トンの大凧を100人以上の引き手で掲揚します。
 
 今年の大凧に書かれた文字は「陽駿」でした。「陽」は、太陽。「駿」は干支の午。大空にうまく(午く)掲揚できるようにという想いが込められているそうです。今年は4月におこなわれた大凧の文字入れにも参加し、学生たち自ら色を入れた大凧の掲揚に挑みました。
 
 昨年のリベンジを学生たちが約束した通り、今年は7分以上も揚げることができました。2日目には大凧を燃やすお焚き上げも見ることができました。
 
<学生からのコメント>
 昨年に引き続き、今年も大凧まつりに参加しました。今年は文字書きからお手伝いしたこともあり、お祭り本番の二日間も気合たっぷりでした。
 引き綱を手に風を待っている間のドキドキを1年ぶりに体感。私たち引き手だけではなく、会場全体の気持ちがひとつになっていることが分かります。こんなに心地の良い緊張があるのかと思わせてくれるほど、ときめきます。
私は今年度で大学を卒業しますが、来年も再来年もその翌年も、ずっと大凧まつりに参加したいと思っています!
(松蔭大学観光メディア文化学部観光文化学科4年 林香穂)
 
座間の大凧まつりの様子(神奈川新聞)
https://www.kanaloco.jp/article/70831/cms_id/79126
 
活動詳細
日時:5月4〜5日
場所:相模川グラウンド
内容:大凧の引き手
参加人数:20名(観光メディア文化学部12名、コミュニケーション文化学部4名、経営文化学部4名)
指導教員:古賀学(観光文化学科教授)、藤巻貴之(生活心理学科准教授)
  
大凧まつり大凧まつり2

2014年5月30日2015年度留学生歓迎会を開催しました

5月14日(水)、今年度入学の留学生を囲み、歓迎会を兼ねた会合が実施されました。
有志の方々の心づくしのお食事が用意され、おしゃべりが弾んだパーティになりました。
「異文化交流サークル」の学生たちが中心になり、パーティ会場のセッティングなどを引き受けてくれました。
次回のハイキングの計画などが、留学生たちに伝えられたようです。
ますます親交を深めていきたいですね。                     (廣本和枝 記)

2014留学生歓迎会
 

2014年4月24日3年生五十嵐愛里さんが、厚木市市民リポーターに

厚木市の広報番組「あつぎ元気WAVE」(厚木伊勢原ケーブルネットワーク・市のHPでも放送)に出演する市民リポーターに、観光メディア文化学部3年生五十嵐愛里さんが、選ばれました。4月8日に委嘱式があり、厚木小林市長から励ましの言葉と共に委嘱状が手渡されました。

<学生からのコメント>
 とても緊張しています。でも、がんばります。
観光メディア文化学部観光文化学科3年生五十嵐愛里
 
委嘱式の後.jpg市長さんと.jpg