研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:松浦 広明

職位:准教授

所属学部・学科: 観光メディア文化学部 メディア情報文化学科

学位:Sc.D.(Global Health and Population), Harvard University

役職・委員会:副学長、総合学術センター長、研究倫理委員会委員長
Room: 1号館 Room 1204
Email Address: hiroaki.matsuura at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:持続可能な開発目標と国際社会; 医療経済学; 公衆衛生学 ; 保健医療福祉制度の国際比較 ; データサイエンス ; 人口問題

専門分野:医療経済学、人口学、比較法と経済学、人権と貧困、リスクと規制

著書

Matsuura, H. and E. Sase "The Right to Health in Japan: Challenges of a Super Aging Society and Implications from Its 2011 Public Health Emergency" in "Advancing the Human Right to Health" , edited by Jose M. Zuniga, Stephen P. Marks, Lawrence O. Gostin, Oxford University Press, 2013

Matsuura, H. "Low Income Cut-offs" in "The SAGE Encyclopedia of World Poverty", edited by Mehmet Odekon and J. Geoffrey Golson, Sage Publications, pp.930-932, 2015

Matsuura, H. "Occupational Health and Safety" in "The Wiley-Blackwell Encyclopedia of Gender and Sexuality Studies. 1-3", edited by Nancy A. Naples, Wiley-Blackwell, 2016

Matsuura, H. and K.Sato "Economic Evaluation of Multi-Hazard Risk Information in Japan: Implication for Earthquake Risk Communication" in "Natural Disasters and Risk Communication: Implications of the Cascadia Subduction Zone Megaquake", edited by Fletcher, C. V. and J. Lovejoy, Lexington Press, 2018

論文

Matsuura, H. "The Effect of a Constitutional Right to Health on Population Health in 157 Countries, 1970-2007: the Role of Democratic Governance" PGDA Working Papers No. 106, Harvard University, 2013

Matsuura, H. "Does Constitutional Right to Health Matter? A Review of Current Evidence" CESifo DICE Report: Journal for Institutional Comparisons 12 (2) pp.35-41, 2014

Matsuura, H. "State Constitutional Commitment to Health and Health Care and Population Health Outcomes: Evidence from Historical U.S. Data", American Journal of Public Health: July 2015, Vol. 105, No.S3: e48-e54.

Matsuura, H."Constitutional Social and Environmental Human Rights and Child Health Outcomes in Latin America" UNU-WIDER Working Paper 168/2016, 2016

Matsuura, H. "Exploring the Association between Constitutional Right to Health and Reproductive Health Outcomes in 157 Countries", Reproductive Health Matters (Accepted)

学会発表・講演

学会発表:アメリカ経済学会(アトランタ(2019))、国際持続可能な開発学会(ニューヨーク(2017))、日米先端科学シンポジウム(米国科学アカデミ―、アーバイン(2016) ※ポスター)、人間開発とケイパビリティ学会(ジャカルタ(2012)、東京(2016))、国連大学世界開発経済研究所シンポジウム(メキシコシティ―(2016))、国際医療経済学会(北京(2009)、トロント(2011)、ダブリン(2014))、国際医療経済学・経営学・政策学会(アテネ)、国際人口学会(マラケッシュ(2009)、釜山(2013)、ケープタウン(2017))、第 7 回日独コロキウム(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学、ミュンスター)、健康・開発・不平等カンファレンス(ダルムシュタット)、カナダ法と経済学会(トロント大学、トロント)、経済協力開発機構(OECD)・大学共同カンファレンス(パリ)
セミナー発表:ケンブリッジ大学、キングス・カレッジ・ロンドン、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、ウィーン人口研究所 、東北大学、グローバル開発センター、ハーバード大学、スタンフォード大学、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(マックス・プランク社会法・社会政策研究所共催)、オックスフォード大学、東京大学(x2)、京都大学、マンチェスター大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌ校、エラスムス大学ロッテルダム、コロンビア大学、イェール大学、北京大学、シンガポール国立大学、オーストラリア国立大学、内閣府経済社会総合研究所、メキシコ国立自治大学、ロンドン大学衛生学熱帯医学大学院、静岡県立大学、マサチューセッツ工科大学、大阪大学、ヴァンダービルト大学、チュラロンコン大学、カリフォルニア大学バークレー校、マギル大学、シカゴ大学、マヒドン大学、ペンシルベニア大学、スイス連邦工科大学チューリッヒ校、トロント大学(予定)

社会貢献

2016年4月-現在 日本高等教育評価機構大学評価員 (兼任)
2013年1月-現在 英エディンバラ大学グローバル・ヘルス・アカデミーグローバル・メンバー(兼任)
2015年7月-2016年9月 国際連合大学世界開発経済研究所(UNU-WIDER) コンサルタント (兼任)
2013年12月-2016年12月 米シンクタンク グローバル開発センター 客員フェロー (兼任)
2014年2月 国際連合開発計画(UNDP)コンサルタント (兼任)
2014年6月-10月 国際連合人口基金(UNFPA) コンサルタント・技術審査委員会メンバー (兼任)

国際協力

社会貢献の欄に記載。

所属学会

日本人口学会、International Health Economics Association(IHEA), International Union for the Scientific Study of Population (IUSSP), Human Development and Capability Association (HDCA), American Conference of Academic Deans (ACAD)