研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:藤井 一二

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 子ども学科

学位:博士(文学)

役職・委員会:
Room: 3号館 Room 3706b
Email Address: ichi-ni at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:日本史、歴史考古学

専門分野:日本古代史、東アジア交流史、万葉社会史、古代貨幣史

著書

単著『天平の渤海交流―もう一つの遣唐使―』平成22年4月、塙書房       
編著『東アジアの交流と地域展開』平成24年7月、思文閣出版
単著『東アジアの交流と文化遺産』(科研報告書)平成29年3月、城西国際大学
単著『大伴家持』(中公新書)平成29年6月、中央公論新社

論文

単著「高志国の成立と展開」『古事記年報』54号、古事記学会、平成24年1月
単著「渤海早期王城と古代日本の対渤海交渉」『東アジア地域の歴史文化と現代社会』所収、
  平成24年1月、桂書房
単著「中国発見の日本<和同開珎>銭と国際交流」『東アジアの交流と地域展開』所収、
  平成24年6月、思文閣出版
単著「古代北東アジアにおける日本・渤海国の交流に関する資料集成と歴史的、考古学的研究」
  (『2012三菱財団研究・事業報告書』)平成25年8月、三菱財団 
単著「大伴家持と越路の水海―謡曲「藤」の歴史舞台―」(『国立能楽堂』7月号、
  平成30年7月、日本芸術文化振興会

学会発表・講演

発表「遣唐使と渤海使」中日学術交流講座、平成22年9月、大連市・遼寧師範大学
講演「天平の渤海交流―海を渡った和同開珎―」平成23年2月、学校法人城西大学
講演「中国東北の王城遺産をめぐる」平成23年5月、富山県公文書館・歴史講座
発表「高志国の成立と展開」平成23年6月、古事記学会全国大会記念講演
発表「古代日本と中国東北交流」平成23年7月、黒龍江流域文明論壇、中国鶴崗市
発表「渤海早期と古代日本の交流特性」平成23年8月、図們江学術論壇、中国延吉市・延辺大学
講演「古代日本与高麗・渤海交流」23年11月、大連大学東北史研究中心(院)
講演「遣唐使与渤海使」平成23年12月、城西国際大学連携大学院、大連理工大学
講演「日本古代貨幣渡海―中国発現的和同開珎―」平成23年12月、大連大学中国東北史研究中心
発表「古代日本与渤海国王〈大欽茂〉」平成24年8月、黒龍江省民族研究所
講演「海が結ぶ古代の東アジア」平成24年10月、富山県民カレッジ21世紀講座①②③ 
発表 敦煌楽舞国際学術検討会「古代日本与唐代文化交流―敦煌・長安与日本的連動―」
  平成25年10月、中国・西安音楽学院
講演「高志国から越中国へ」平成25年10月、富山県民カレッジ・21世紀講座①②➂
講演「渤海王国と《高志の国》の交流」平成26年5月、富山県日中友好協会年次総会
講演「東アジアの多文化と日本の交流」平成26年10月、あつぎ協働大学講座
発表「渤海王国と高志の国の交流」①②③『日本と中国』191-193号、平成26-27年、富山県日中友好協会
発表「渤海早期王城と黒龍江流域文明」平成28年9月、黒河学院(中国黒龍江省黒河市)
発表「丝绸之路与日本古代的民族交流」平成29年9月、大連民族大学(中国遼寧省大連市)
講演「大伴家持生誕1300年―「高志の国」の旅と季節歌―」平成30年6月、城西大学エクステンションセンター
講演「大伴家持とシルクロードの時代」平成30年7月、中軽井沢図書館
講演「北方的丝绸之路与古代日本」平成30年9月、黒河学院(中国黒龍江省黒河市)
講演「シルクロードと日本の古代文明」平成30年11月、大連工業大学外国語学院(中国遼寧省大連市)

社会貢献

城西国際大学大学院客員教授(平成24年―現在)
東洋大学東洋学研究所客員研究員(平成22年―28年)
中国中外文化交流史学会顧問(日本側理事、平成27年―現在)
大連民族学院(大連民族大学)客員教授(平成18年―現在)
金沢星稜大学名誉教授(平成23年4月―現在)
遼寧師範大学客員教授(大連市、平成22年―現在) 
富山県文化財保護審議会委員(平成14-28年3月)
富山国際大学客員教授(平成23年4月―24年3月)
石川県埋蔵文化財センター評議員(平成10-23年3月) 
金沢市図書館図書選定評価委員会委員(平成21・22年)
黒河学院(極東研究院)客員教授(平成28年-現在)
大連大学(中国東北史研究中心)客員教授(平成28年-現在)
大連工業大学外国語学院客員教授(平成30年―現在)

国際協力

・平成17-21年文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業(オープン・リサーチ・センター整備事業)
 「北東アジアと北陸地域の経済・文化交流に関する学術情報の集積と学際的研究」を課題として、
 大連大学・大連民族学院・延辺大学・中国人民大学・牡丹江師範学院・黒龍江省社会科学院・
 黒龍江省図書館・敦煌研究院の研究者と共同研究を推進し、図書『東アジアの交流』シリーズ(Ⅰ・Ⅱ輯)の刊行。
・平成17―21年文科省ORCプロジェクト、同22-25年・同27-28年の学振科研費活動を通じ、東アジアと
 古代日本の文化交流を大連・ハルビン・牡丹江・延吉・等の研究者
 (大連大学王禹浪教授<現、黒河学院極東研究院特聘教授>と連携、共同研究。
・中国・遼東史地研究学術委員会学術顧問(機関誌『遼東史地』日本側委員)
・東アジア多文化交流ネットワーク代表として情報誌『東アジアの交流と文化遺産』1号(平成22年)-19号(同30年)発行。
・東アジア多文化交流ネットワークの活動において、平成21,22年の2回、金沢市立図書館の協力のもと
 中国吉林省の延辺自治州図書館へ日本図書計781冊を寄贈。               
・大連大学中国東北史研究中心・大連工業大学外国語学院で、客員教授の特別講義を実施(平成17~30年)。
・中国・黒河学院《極東研究院諮問委員会》専門委員(平成28年-現在)

所属学会

日本古文書学会・続日本紀研究会・萬葉学会・越中史壇会
日本海地域史研究会(編集代表)(年刊『日本海地域史研究』1輯-14輯、文献出版、現在、休刊中)