研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:松浦 恵津子

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 日本文化コミュニケーション学科

学位:博士(人文科学)

役職・委員会:単位互換委員会、学生相談委員会、アドミッションオフィス、
キャリア支援委員会、生涯学習委員会、学友会
Room: 3号館 Room 3801
Email Address: ematsu at shoin-u.ac.jp
HP: https://researchmap.jp/ematsu

授業担当科目:日本語概論、日本語研究A(文法)、日本語研究B(待遇表現)、 日本語研究C(音声・音韻)、日本語研究D(語彙・文字)、日本語史、 言語学、日本語表現論A(アカデミックライティング)、 日本語表現論B(ディスカッション)、
日本語教授法、日本語教育方法論Ⅰ・Ⅱ、 日本語教育実習指導、日本語教育実習

専門分野:日本語文法 日本語教育

著書

『日本語教育における文法指導の現場から 照応・接続・文の成分間の関係性の諸相』笠間書院 2017年10月(単著)

論文

・「ト格の名詞がくわわる動詞との連語」『鈴木泰先生古希記念論文集』
 国際連語論学会: 142-154 2017年3月(単著)
・「ト格の名詞と形容詞とのくみあわせ(連語論研究)」
 『松蔭大学紀要』松蔭大学 第22号:27-38 2017年3月(単著)
・「逆接的な関係をつくる『Nデモ』――『N+デモ(とりたて助辞)』と『Nデモ(名詞譲歩形)』――」
 『松蔭大学紀要』松蔭大学 第17号:131-142 2014年3月(単著)
・「『-ないまでも』節の意味と機能」『マテシス・ウニウェルサリス』
 獨協大学外国語学部言語文化学科 第13巻 第2号:141-155 2012年3月(単著)
・「逆条件節をつくる形式 ― -テモ・~トシテモ・ニシテモ・ニセヨ[ニシロ]」
 『日本語形態の諸問題―鈴木泰教授東京大学退職記念論文集』 ひつじ書房:255-268 2010年3月(単著)

学会発表・講演

<学会発表>
・「ト格の名詞がくわわる連語(再考)と、トノ格の名詞がくわわる連語とのかかわり」
 国際連語論学会第六回大会 2018年2月25日(単独)

所属学会

国際連語論学会 理事
日本語教育学会
日本語文法学会
日本語学会