研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:大井 功

職位:教授

所属学部・学科: 観光メディア文化学部 観光文化学科

学位:法学士

役職・委員会:教育開発センター職員、第三者評価室職員、図書委員会委員、学生委員会委員長、 キャリア委員会副委員長
Room: 3号館 Room 3606
Email Address: oioi at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:アジア文化研究、着地型・発地型観光論、アジア観光論、旅行業論、旅行会社経営論 基礎ゼミ、演習

専門分野:アジア政治経済 リゾート開発 旅行業

著書

『チベット問題を読み解く』 平成20年7月   詳伝社
『紛争の世界地図』     平成21年11月  詳伝社 

論文

「21世紀型着地型観光のあり方」平成19年2月 松蔭大学紀要
「発地型観光の歴史とその将来」平成19年4月 松蔭大学紀要
「チベット問題における人権と内政干渉について」平成21年3月 松蔭大学紀要
「宗教と文化」平成27年3月 松蔭大学紀要
「シンガポール、インドネシアに見る開発独裁的政治手法と発展への影響」
 平成28年1月 松蔭大学紀要

学会発表・講演

講 演
あつぎ協働大学 「チベット問題を考える」    平成21年10月
小金井雑学大学 「アヘン戦争とその余波を語る」 平成27年3月

社会貢献

NPO法人DTAC観光情報局 理事
天皇陛下即位三十年奉祝委員会 奉祝委員

国際協力

チベット問題広報活動
NPO法人観光情報局DTAC理事

所属学会

アジア政経学会
日本観光研究学会