研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:川添 裕子

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 子ども学科

学位:博士(学術)

役職・委員会:教授会、図書館副館長、図書委員会、第三者評価室、教育開発センター、ハラスメント対策委員会、研究倫理委員会、資料館運営委員会、生涯学習委員会
Room: 3号館 Room 3811
Email Address: hiroco.kawazoe at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:異文化論A・B、アフリカ文化研究A・B、博物館概論(学芸員)、調査研究 (フィールドワーク)、基礎ゼミⅠ、演習Ⅱ、文化人類学A・B

専門分野:文化人類学,医療人類学

著書

1. 『美容整形と<普通のわたし>』(単)、平成25年5月、 青弓社。
2. 『世界民族百科事典』(日本文化人類学会編、項目執筆「身体装飾」)、平成26年7月、丸善。
3. 『乳房の科学』(北山晴一他編、項目執筆:9章「乳房と美容整形」)、平成29年6月、朝倉書店。
4. 『医療人類学を学ぶための60章』(澤野美智子編、項目執筆:8章56「美容整形と<普通のわたし>」)
 平成30年4月、明石書店。
5. 『展示学事典』(日本展示学会編、項目執筆:「性表現と展示)平成31年1月、丸善出版。

論文

1. 「ひらいてゆく空間--サンティアゴ巡礼路を歩くことへの文化人類学的アプローチ」、
 (査読アリ)(単)、平成23年3月、『松蔭大学紀要』14号、pp.101-115。
2. 「流動的で相互作用的な身体と自己」、(査読アリ)(単)、平成23年11月、
 『国立歴史民俗博物館研究報告』169集、pp.29-54。
3. 「『ハラール認証の化粧品・パーソナル商品』と消費行動(1)」、(査読アリ)
 (単)、平成27年3月、『松蔭大学紀要』18号、pp.123-137。
4. 「グローバル時代のハラールと化粧に対するモロッコの人々の意識と行動」、 
 (単)、平成27年9月、コスメトロジー研究報告『COSMETOLOGY』23号、pp.140-147。
5. 「ハラールに対応する日本の化粧品、病院食、そして地域」、(査読アリ)
 (共)(川添裕子、植村清加)、平成30年10月、『松蔭大学紀要』第24号、pp.11-25。

学会発表・講演

1. A Desire for ‘Ordinary Body’: Cosmetic Surgery in Japan. (単),1 August 2011,
 Society for East Asian Anthropology Annual Meeting 2011 (韓国:Chonbuk National University).
2. 「身体加工の起源とその展開から美容外科について考える」、(単)、平成25年10月17日
 第36回「日本美容外科学会総会」(東京:東京国際フォーラム)。
3. 「世界の身体装飾」、(単)、平成26年11月1日、郷土資料館第17回特別展「化粧展」
 (神奈川:厚木市郷土資料館)。
4. 「美容整形と<普通のわたし>」、(単)、平成26年12月13日、
 化粧文化研究者ネットワーク第32回研究会(東京:株式会社資生堂)。
5. 「美容整形の歴史—紀元前から現代まで」、(単)、平成28年2月21日、
 小金井雑学大学(東京:小金井商工会館)。
6. 「『じぶん』をあそぶ〜イレズミと美容整形の過去・現在・未来の加工術」、(共)、
 (山本芳美・川添裕子)、平成28年7月22日、信愛書店en=gawaイベント(東京:信愛書店)。
7. 「美と身体の文化人類学」、(単)、平成28年10月21日、「五感による“美しさ”の創作」
 第1回シンポジウム(神奈川:花王株式会社感性科学研究所)。
8. 「文化的情報の資源化―厚木市『小町まつり』と大学教育、(単)、平成30年8月25日、
 「日本教育情報学会」第34回年会(神奈川:松蔭大学)。
9. The Need for Inclusive Statistics and Regulations:
 Aesthetic/Cosmetic Medical Tourism in Japan. (査読アリ)(単)、
 3 July 2019. Asia Pacific Tourism Association (Vietnam).

社会貢献

乳房文化研究会運営委員

所属学会

日本文化人類学会
文化資源学会