研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:安村 薫

職位:教授

所属学部・学科: 観光メディア文化学部 メディア情報文化学科

学位:理学博士

役職・委員会:教育開発センター、第三者評価室、情報管理研究所、情報管理委員会、教務委員会、生涯学習委員会(委員長)
Room: 1号館 Room 1306
Email Address: yasumura at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:情報処理、情報基礎、情報処理概論、プログラミングI、プログラミングII、プログラミング基礎、C言語、コンピュータプレゼンテーション、博物館情報・メディア論、博物館資料保存論、自然科学、物理学、データ処理、デジタルアーカイブ論、演習I、

専門分野:情報処理、統計物理、博物館情報

論文

・「縮退のある系の相転移」1984年3月(学位論文)東京工業大学 
・「MPUの変遷」2008年2月『松蔭大学紀要』第10号
・「情報が意味を持つのは何故か」2010年3月『松蔭大学紀要第』第13号
・「LEDのこと」2010年5月『松蔭大学文化教育研究所・研究年報』 第1号・第2号合併号
・「情報が「意味」を持つメカニズム」2011年3月『松蔭大学紀要』第14号
・「記憶・学習の構造と「知行合一」-人工知能・ニューラルネットワークの視点から」
  2012年5月『松蔭大学文化教育研究所研究・研究年報』第3号

学会発表・講演

<学会発表>
・「クリプキの哲学的パラドクスに対する人工知能学習の視点からの考察」2012年3月 情報処理学会全国大会
・「学生の情報教育に対する意識と成績に関する分析」2017年8月日本教育情報学会年会
<講演>
・情報と知-人工知能・ニューラルネットワークの視点から」2010年9月 松蔭大学文化教育研究所研究報告会

所属学会

情報処理学会
日本教育情報学会
日本物理学会
全日本博物館学会
文化財保存修復学会