研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:鷲尾 裕子

職位:准教授

所属学部・学科: 観光メディア文化学部 観光文化学科

学位:修士(学術)

役職・委員会:生涯学習委員会、就職キャリア支援委員会、留学生センター
Room: 3号館 Room 3809
Email Address: y-washio at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:地域観光論Ⅰ、地域観光論Ⅱ、観光マーケティング論、地域メディア論Ⅰ、地域メディア論Ⅱ、神奈川文化論、インターンシップ、演習ゼミⅠⅡ

専門分野:観光まちづくり

著書

・『観光キーワード事典-観光文化への道標』(共著)平成21年4月松蔭大学観光文化研究センター(学陽書房)
・『カネよりもチエとセンスで人を呼び込め』(共著)平成23年6月東京法令出版

論文

・「.観光ボランティアガイド活動の可能性-「山形の達人」の取り組みから」
 平成23年3月松蔭大学文化教育研究所松蔭大学紀要第14号
・「花の観光地への評価視点に関する一考察」
 平成24年3月松蔭大学文化教育研究所松蔭大学紀要第15号
・「文化芸術振興と観光まちづくに関する一考察」
 平成25年3月松蔭大学文化教育研究所松蔭大学紀要第16号
・「観光資源としての博物館に関する一考察」
 平成26年3月松蔭大学文化教育研究所松蔭大学紀要第17号

学会発表・講演

・平成18年2月~28年3月 神奈川県コミュニティカレッジ観光ボランティアガイド養成(横浜)講座講師
・平成22年2月~24年2月 山形観光アカデミー「山形の達人」研修講師
・平成24年6月  厚木木市議会議員勉強会講師
・平成25年12月 日本観光研究学会研究大会対談モデレーター(厚木小林市長 前加賀市長寺前氏)
・平成25年1月  九州観光ボランティアガイド大会基調講演
・平成8月25日 日本教育情報学会第34回年会研究発表
 観光関連学部おける地域を現場とした観光教育の進め方について-よりよき観光者の育成に向けて-
・平成8月26日 日本教育情報学会第34回年会シンポジウム「学校教育と地域力を考える」進行

社会貢献

・平成18年6月~ 茅ヶ崎の文化景観を育む会(任意団体の市民活動・ボランティア)
・平成22年6月~ NPO法人観光文化研究所副理事長(松蔭大学観光文化学部教員を中心に組織。
 近隣地域の観光まちづくりのお手伝いをする)
・平成25年7月~26年3月 厚木市観光推進委員会委員長
・平成20年7月~26年3月 鎌倉市観光基本計画進行管理委員会委員
・平成25年10月~26年3月 あつぎ食ブランド選定委員会委員
・平成26年7月~28年3月 厚木市観光推進委員会委員長
・平成27年7月~28年3月 次期水源地域交流の里づくり計画検討委員会委員(神奈川県土地水資源対策課)
・平成27年4月~28年3月 愛川ブランド認定審査委員会
・平成27年4月~28年3月 鎌倉市文学館指定管理者選定委員会
・平成27年10月~28年3月 清川村まち・ひと・しごと創生推進会議
・平成28年10月~3 厚木市総合計画審議会委員

所属学会

平成21年5月 日本観光研究学会
平成22年7月 日本経済文化学会
平成27年5月 日本博物館学会
平成27年5月 日本ミュージアム・マネージメント学会
平成30年4月 日本教育情報学会