研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:垣内 史堂

職位:教授

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:医学博士

役職・委員会:看護学科学科主任、看護学科教務委員会委員長
Room: 1号館 Room 1302
Email Address: kakiuchi at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:身体の構造・機能A(総論・構造)、B(機能); 病態学総論 ; 病態と治療B(呼吸・循環・血液・感染・免疫)、A(脳・神経・消化器・腎・内分泌)

専門分野:医学、免疫学

著書

1) 図解 免疫学、単著、296頁、オーム社、2009
2) 社会福祉学習双書 第14巻「医学一般」改訂第6版、共著、
  『社会福祉学習双書』編集委員会 編 33~35頁、2015
3) 新体系 看護学全書 疾病の成り立ちと回復の促進「微生物学・感染制御学」第2版、共著、
  分担執筆:第3章感染と生体防御のしくみ、33~65頁、
  編集/辻 明良 東邦大学名誉教授、ヂカルフレンド社、2013
4) Kuwabara T, Tanaka Y, Ishikawa F, Nakano H, Kakiuchi T; The role of CCR7-ligands in developing experimental autoimmune encephalomyelitis, 共著, In "Experimental Autoimmune Encephalomyelitis - Models, Disease Biology and Experimental Therapy" Ed. By Weissert R, p65-80, InTech, Rijeka, Croatia、2012
5) 医療英語表現辞典、監訳(共訳)、オーム社、平成19年 (Sprachers Medical English)
6) 樹状細胞の遊走におけるケモカインの役割.分担執筆、生体防御医学事典(鈴木和男 監修)、
  朝倉書店、東京、平成18年
7) 免疫学ハンドブック、分担執筆、第1部免疫学の基礎 第1章~13章、第16章~17章.
 (免疫学ハンドブック編集委員会 編、委員長:垣内史堂)p2-143、p154-168、オーム社、東京、平成17年

論文

1) Takashima A, Ishikawa F, Kuwabara T, Tanaka Y, Kinoshita T, Ito M, Kakiuchi T; Uterine Natural Killer Cells Severely Decrease in Number at Gestation Day 6 in Mice, Biol Reprod, Vol 89(4), Article Number: 101, 2013
2) Kuwabara T , Tanaka, Y, Ishikawa, F, Kondo M, Sekiya H, Kakiuchi, T; CCR7 ligands up-regulate IL-23 through PI3-kinase and NF-kappa B pathway in dendritic cells, J Leuk Biol, Vol 92 (2) : 309-318, 2013
3) Tanaka Y, Taneichi M, Kasai M, Kakiuchi T, Uchida T; Liposome-Coupled Antigens Are Internalized by Antigen-Presenting Cells via Pinocytosis and Cross-Presented to CD8(+) T Cells, Plos One, Vol 5 (12), e15225, 2011
4) Kuwabara T, Ishikawa F, Yasuda T, Aritomi K, Nakano H, Tanaka Y, Okada Y, Lipp M, Kakiuchi T; CCR 7 Ligands Are Required for Development of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis through Generating IL-23-Dependent Th17 Cells, J Immunol, Vol 183 (4) : 2513-2521, 2009
5) Nakano H, Lin KL, Yanagita M, Charbonneau C, Cook DN, Kakiuchi T, Gunn, MD; Blood-derived inflammatory dendritic cells in lymph nodes stimulate acute T helper type 1 immune responses, Nat Immunol Vol 10 (4) : 394-402, 2009
6) Yasuda T, Kuwabara T, Nakano H, Aritomi K, Onodera T, Lipp M, Takahama Y, Kakiuchi T; Chemokines CCL19 and CCL21 promote activation-induced cell death of antigen-responding T cells. Blood. Vol 109(2):449-56, 2007
7) Levavasseur E., Metharom P., Dorban G., Nakano H., Kakiuchi T., Carnaud C., Sarradin P., Aucouturier P. : Experimental scrapie in 'plt' mice : an assessment of the role of dendriticcell migration in the pathogenesis of prion diseases. J Gen Virol 88:2353-2360, 2007
8) Ato M, Maroof A, Zubairi S, Nakano H, Kakiuchi T, Kaye PM; Loss of dendritic cell migration and impaired resistance to Leishmania donovani infection in mice deficient in CCL19 and CCL21. J Immunol. Vol 176(9):5486-93, 2006
9) Ato M., Maroof A., Zubairi S., Nakano H., Kakiuchi T., Kaye P. M. : Loss of dendritic cell migration and impaired resistance to Leishmania donovani infection in mice deficient in CCL19 and CCL21. J Immunol 176:5486−5493, 2006
10) Mori S., Nakano H., Aritomi K., Wang C. R., Gunn M. D., Kakiuchi T. : Mice lacking expression of the chemokines CCL21-ser and CCL19 (plt mice) demonstrate delayed but enhanced T cell immune responses. J Exp Med 193: 207-218, 2001
11) Gunn M. D., Kyuwa S., Tam C., Kakiuchi T., Matsuzawa A., Williams L. T., Nakano H.: Mice lacking expression of secondary lymphoid organ chemokine have defects in lymphocyte homing and dendritic cell localization. J Exp Med 189: 451-460. 1999.

学会発表・講演

1)第6回食物アレルギー教室 
  講演 「教えて!免疫とアレルギーの関係~アレルギーのコントロールを目指して~」
 (主催:食物アレルギーの子を持つ親の会)
  日 時:平成26年9月7日、 場 所:東京栄養食糧専門学校、世田谷区、東京
2)第23回日本生体防御学会学術総会 学術総会長
  場 所:品川区総合区民会館“きゅりあん”小ホール
  会 期:平成24年(2012年) 7月9日(月)~11日(水)
3)日本健康行動科学会 第11回学術大会 公開講座 演者
「免疫反応は運動で活性化する?」
  日 時:平成24年10月7日(日)、場 所:東京工科大学3号館地下大講義室
4)第80回日本感染症学会総会・学術講演会 
  招請講演 “分子病態から感染症をサイエンスする”
  「ケモカインによるT細胞免疫反応制御―CCL19/21を中心に―」
  平成18年4月20日、 場 所:ホテル日航 東京、港区、東京

社会貢献

公益財団法人予防接種リサーチセンター 業務執行理事
社会福祉法人賛育会 評議員

所属学会

日本内科学会
日本免疫学会(評議員)
日本生体防御学会(運営委員)