研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:廣橋 容子

職位:教授

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:学士(衛生看護学)、社会学修士(社会学)

役職・委員会:学内の役職・委員会 看護学部学生委員会、教務委員会、人事委員会
Room: 1号館 Room 1305
Email Address: hirohashi at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:在宅看護概論、在宅看護援助演習、看護関係法規、在宅看護実習、看護関連法規

専門分野:在宅看護領域

著書

1.「福祉実践をサポートする介護概論」平成23年3月 保育出版
2.Early Detection and Rehabilitation Technologies for Dementia
  -Neuroscience and Biological Applications- 平成23年5月 IGI Global社

論文

1.「『看護福祉』の概念についての一考察」平成22年1月 大阪国際大学紀要・国際研究論叢:第23巻第2号
2.「看護の視点から見た高齢者ケアの課題-当事者への聞き取り調査から-」平成22年1月 大阪国際大学紀要・国際研究論叢:第23巻第3号
3.「本学幼児保育学科生の保育者としての資質向上に関する研究」-『実技発表』の学習効果に関する調査-」平成22年3月 大阪国際大学紀要・国際研究論叢:第23巻第3号
4.「Consideration for Improvement of Dementia that Uses Communications 」平成22年3月 2010 IEEE International Conference on Systems Man and Cybernetics 採択論文集
5.「はじめての実習に対する不安感と実際(1)~不安要素の特定を中心に~」平成22年10月 大阪国際大学紀要・国際研究論叢:第24巻第2号
6.「A Study of the Relations between the Elderly and Care Workers in the Welfare Facilities for the Elderly, using Non Linear Analysis of Finger Plethysmograms」平成23年1月 2011 IEEE International Conference on Systems Man and Cybernetics 採択論文集
7.「A Study of the Care Work in the Welfare Facilities for the Elderly, Using Non Linear Analysis of Finger Plethysmograms」平成23年10月 CMLS-11 (2011 International Symposium on Computational Models for Life Sciences) 採択論文集
8.「The Relations between the Mental Condition of the Care House Residents and Finger Plethysmograms」平成23年10月CMLS-11 採択論文集
9.「はじめての実習に対する不安感と実際(2)~健康に関する課題を中心に~」平成23年10月 大阪国際大学紀要・国際研究論叢:第25巻第1号
10.「Relationship between Food Intake and Finger Plethysmograms」平成25年7月 Special session e-Health Services and Technologies in BMSD 2013(Second International Symposium on Business Modeling and Software Design)採択論文集 
11.「Finger Plethysmograms Analysis of Emotional Labor for the Elderly」平成25年9月 ACBIT'2013 (First International Aizu Conference on Biomedical Informaics and Technology) 採択論文集
12.「Touch Care for the Baby by Mother」平成26年6月 Special session e-Health Services and Technologies in BMSD 2014 採択論文集
13.「Effect of Touch care and Fomentation Use in Nursing Care」平成27年7月Special session e-Health Services and Technologies in BMSD 2015採択論文集
14.「市民を対象としたタッチケア・炭酸浴の効果―指尖脈波と生体情報からの検証―」平成28年3月、名寄市立大学紀要:第10巻

学会発表・講演

【学会発表】
1.「A Study of the Care Work in the Welfare Facilities for the Elderly, Using Non Linear Analysis of Finger Plethysmograms」平成23年10月 CMLS-11 2011
2.「The Relations between the Mental Condition of the Care House Residents and Finger Plethysmograms」平成23年10月 CMLS-11 2011
3.「高齢者福祉施設職員の疲労感に関する調査研究」平成24年2月 第30回滋賀県社会福祉学会
4.「指尖脈波の非線形解析による、ハンドマッサージの効果についての研究」平成24年12月第17回人間情報学会
5.「高齢者社会福祉施設職員の感情労働と指尖脈波に関する調査研究」平成25年2月第30回滋賀県社会福祉学会
6.「Relationship between Food Intake and Finger Plethysmograms」平成25年7月EHST in BMSD2013
7.「Finger Plethysmograms Analysis of Emotional Labor for the Elderly」平成25年9月 ACBIT’2013
8.「Touch Care for the Baby by Mother」平成26年6月 EHST in BMSD2014
9.「Effect of Touch care and Fomentation Use in Nursing Care」平成27年7月 EHST in BMSD2015
10.「看護系大学教員の就業意識と職場定着に関する実態調査」平成28年8月、日本看護教育学学会
11.「看護系大学教員の職場定着意識と職場内サポート・職場満足度との関連性」平成28年12月、日本看護科学学会
【講演】
1.「地域の老いと介護を考える会」平成23年9~11月(名寄新婦人の会)
2.「北欧の心豊かな暮らし」平成24年6月(日進フォーラム)
3.「最新研究報告とラトヴィア紀行」平成28年2月(名寄地域住民の会)

社会貢献

1.滋賀県野洲市介護保険運営協議会委員 平成15年度~22年度
2.滋賀県野洲市総合計画審議会委員 平成17年度
3.社会福祉法人「野洲慈恵会」理事・評議員 平成18年度~22年度
4.滋賀県野洲市行政評価委員会 平成19年度

所属学会

日本看護科学学会
日本地域看護学会
日本看護歴史学会
日本看護学教育学会
日本看護研究学会
日本社会福祉学会
日本公衆衛生学会
生活アセスメント研究会