研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:高橋 敏哉

職位:准教授

所属学部・学科: 観光メディア文化学部 メディア情報文化学科

学位:PhD(国際関係学、安全保障論)

役職・委員会:メディア情報文化学科学科長、 国際交流委員会委員長、総合学術センター副センター長、研究倫理委員会副委員長、評議会、自己点検評価委員会、教育課程委員会、文化教育研究所、第三者評価室、教職保育支援室、教育課程委員会、入学試験委員会、学生委員会、防災衛生環境委員会
Room: 3号館 Room 3614
Email Address: toshiyat at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:政治学、国際関係論I、II、国際政治学I、II、安全保障とリスク、基礎ゼミ

専門分野:国際関係論(理論、アジア太平洋)、安全保障、多国間主義(APEC)、日本外交、日本政治

著書

1. (分担執筆) Priorities and Challenges: Cambodia's ASEAN Chairmanship in 2022, Phnom Penh: Konrad-Adenauer-Stiftung Cambodia, 2021年12月 (5章 Japan's New ASEAN Policy under the Free and Open Indo-Pacific: Its Continuities and Discontinuities from the Fukuda Doctrine and the Role of Cambodia)
2.(分担執筆) Maritime Issues and Regional Order in the Indo-Pacific, London: Palgrave Macmillan, 2021年6月(11章Historical continuities, geopolitical interests and norms in Japan's Free and Open Indo-Pacific)
3.(単著) China in Japan's National Security: Domestic Credibility, Abingdon & New York: Routledge, 2020年2月 (シリーズ採択あり)
4.(共著) 『軍縮・不拡散の諸相』、範囲:「軍縮への安全保障観:共通の安全保障の再考察」(第5章) 日本軍縮学会編 信山社 2019年(公募採択あり)
5.(分担執筆) 『軍縮辞典』 (範囲:5項目) 日本軍縮学会編 信山社 2015年

論文

(学術論文) 特記なければ単著、査読あり
1. Functions of Japan's National Security Council and Civilian Control, 『松蔭大学紀要』 28号(査読無し)
2.Japan's opaque economic security policy agenda, East Asia Forum, 2021年12月
3. Japan's Senkaku public awareness campaign at risk of backfiring, East Asia Forum, 2021年5月
4. 「自由貿易と国家安全保障の相克:その拡大する政策領域の陥穽」、 『世界経済評論』、 2021年 1-2月号 Vol.65(No.1)、 2020年12月
5. 「ウォルファースとラスウェルの国家安全保障論の含意:能力強化に隠れた国内政策の道標」 『年報政治学』2020年II号(日本政治学会編 筑摩書房)2020年 
6. Can Suga lead on Japanese foreign policy?, East Asia Forum, 2020年11月
7.  Japan's COVID-19 national security problem, East Asia Forum, 2020年3月 
8.日本の国家安全保障戦略における論理的課題:リスク・マネージメント・アプローチの可能性を中心に、
『松蔭大学紀要』、 2019年3月
9. Opportunity for Japan as APEC stumbles, East Asia Forum, 2018年11月 
10. 共著(山澤逸平一橋大学名誉教授)「APECの30年:経済協力を超えた成果も」、 『世界経済評論』、2017年11-12月号 Vol. 61(6)、 2017年11月、(査読無し)
11. Roadblocks to Establishing a Two-Party Political System in Japan, East Asia Forum, 2017年, 10月
12. 共著(山澤逸平一橋大学名誉教授)APEC beyond economic cooperation:Its Achievements for Three Decades 2017 APEC in Hanoi 2017年5月 (査読無し)
13. 共著(山澤逸平一橋大学名誉教授) APEC beyond economic cooperation, East Asia Forum, 2016年11月 
14. Pragmatist and Reactionary Ideas in Japanese Neo-conservatism: A short sketch of its ideas in the 2000s 『松蔭大学紀要』、 2017年3月
15. Security and the meaning of Japan's constitution, East Asia Forum 2016年11月
16. Security and the meaning of Japan's constitution, Reinventing Japan: East Asia Forum Quarterly 8(3), 2016年7月(依頼論文)
17. Japan's constitutional revision debate masks silent state control, East Asia Forum, 2016年4月
18. China in Japan's National Security, ANU, 2015年12月 (博士論文)
19. Abe's fraught choice between China and the conservatives, East Asia Forum, 2014年12月
20. 「オーストラリアの国家安全保障における核不拡散規範のジレンマ:2000年代の中国・インドへのウラン輸出政策を巡って,」 『軍縮研究』 (5) , 2014年7月
21. Why Abe is pushing for the right to collective self-defence, East Asia Forum, 2014年6月
22. Abe's Yasukuni visit: the view from Japan, East Asia Forum, 2014年1月
23. Japan's new secrecy law revives prewar memories, East Asia Forum, 2013年12月
24. Abe and a Japanese National Security Council, East Asia Forum, 2013年7月 
25. Japan's 2013 Defence White Paper stirs tensions with China, East Asia Forum, 2013年7月
26. Abe's campaign to revise Japan's Constitution, East Asia Forum, 2013年6月
27. A new trend in Japan's defense white paper, East Asia Forum, 2012年8月 
28. Oversimplifying Japan's right turn, East Asia Forum, 2013年 3月
29. "Japanese Neo-conservatism: Coping with China and North Korea," Security Challenges, 6(3) 
30. 「食料安全保障への2つの規範的アプローチとその可能性:飢餓・栄養不良問題での食料への権利と食料主権」、『敬和学園大学研究紀要』、第21号
(国内新聞論稿 海外新聞記事コメント) 識者評論は共同通信配信 (1、4,7を除き 単独または単著)
1.経済安全保障の隠れたジレンマ, 日本経済新聞 私見卓見 2022年2月18日
2. This Week in Asia 2020(年末特集)/ Politics From Covid-19 to the South China Sea, here are 10 stories that rocked Asia in 2020), The South China Morning Post, 2020年12月26日 記事コメント
3. Japan and China agree to restart business travel, coordinate on East China Sea, Reuters, 2020年11月24日 記事コメント
4. Senior Chinese diplomat visits Japan amid regional tensions, Reuters, 2020年11月24日記事コメント
5. Abe-Moon talks unlikely to lead to breakthrough in soured ties, Kyodo News, Japan Times, Mainichi Shimbun, 2019年11月 記事コメント
6. 識者評論 「日韓、政治の未熟さ露呈 圧力一辺倒で世論硬化」 全国朝刊13紙掲載 2019年8月
7. 識者評論 「米朝関係と日本」 全国朝刊17紙掲載 2018年5月
8. Japan's opposition faces major realignment, The Strait Times, 2017年10月26日 コメント引用
9. 識者評論 「政策検証怠り説明責任果たさず」 全国朝刊6紙以上掲載 2017年6月
10. 識者評論 「憲法改正:国民との未来像共有を」 全国朝刊9紙以上掲載 2016年12月
11. 識者評論 「安保法制論議:ビジョンなき政策転換:新たな秩序作りの構想を」 全国朝刊14紙掲載 2015年5月

学会発表・講演

1. 自由貿易制約への国家安全保障論の陥穽、日本国際政治学会2021年度研究大会 国際政治経済分科会 2021年10月 
2.  「メコン川サブ・リージョンでの日本の政治的プレゼンスと地域安全保障:自由で開かれたインド太平洋構想(FOIP)の一前線」、 国際安全保障学会第13回定例研究会 2020年 
3. 「APEC beyond economic cooperation」, APEC高級事務会合(SOM2)併設学術会議(ハノイ) 2017年
4. 「軍縮への間主観的要素としての安全保障のジレンマ」、 日本軍縮学会年次大会 2017年4月
5. 「国家安全保障研究のパラダイム:その概念の探究」、 国際安全保障学会年次大会 2016年12月
6. 「豪州の国家安全保障におけるアジアへの関与とアボット政権のアジア・太平洋戦略:ミドル・パワーと共通安全保障観の実際性」、国際安全保障学会第6回定例研究会 2015年2月    他学会発表5件

社会貢献

・2017年APEC ハノイ会合(高級事務レベル)学術会議(ASCCC)参加
・APEC懇談会メンバー(外務省APEC室、経産省APEC室)
・サイバー適塾(関西経済同友会中堅幹部研修機関)安全保障学習会 研修受け入れ講師 2012-13年

国際協力

APEC Study Centre Consortium (ASCC) メンバー

所属学会

日本政治学会、国際安全保障学会、日本軍縮学会、日本国際政治学会、グローバル・ガバナンス学会、British International Studies Association,APEC Study Centre Japan