研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:大沢 裕

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 子ども学科

学位:博士(教育学)

役職・委員会:教育開発センター・副センター長、第三者評価室長、教授会、評議会、FD・SD委員会副委員長、教育課程委員会委員、教務委員会委員、教職・保育支援室長、教職課程委員会副委員長、保育士養成課程委員会委員、キャリア委員会委員、自己点検・評価委員会委員、入学試験委員会委員、衛生・防災環境委員会委員
Room: 3号館 Room 3611
Email Address: osawa at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:子ども教育原理、保育原理、保育内容(人間関係)、教育実習事前事後指導Ⅰ(幼稚園)、教育実習Ⅰ(幼稚園)、教育実習事前事後指導Ⅱ(幼稚園)、教育実習Ⅱ(幼稚園)、演習Ⅰ・Ⅱ、教育原理、教職実践演習、保育・教職実践演習(幼稚園)、子ども保育者論、教育学、幼児理解

専門分野:教育哲学、幼児教育思想、保育学

著書

『教育原理』(単編・共著)平成24年4月 一藝社
『保育内容総論』(共編・共著)平成24年4月 一藝社
『幼稚園教育実習』(共編・共著)平成24年8月 一藝社
『しつけ事典』(共編・共著)平成25年9月 一藝社
D・トレーラー著『ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチ』(共訳)平成27年4月 東信堂
『コンパクト版保育者養成シリーズ 保育内容総論』(共編・共著) 平成28年2月 一藝社
『コンパクト版保育者養成シリーズ 教育課程・保育課程論』(共編・共著)平成28年3月 一藝社
『幼児理解』(単編・共著)平成28年3月 一藝社
『哲学する保育原理』(共著)平成30年1月教育情報出版
『保育者養成のための初年次教育ワークブック』(共編・共著)平成30年2月 一藝社
『現代保育内容研究シリーズ1 現代保育論』(共著)平成30年2月 一藝社
『コンパクト版・保育内容シリーズ② 人間関係』(共著)平成30年3月 一藝社
『コンパクト版・保育内容シリーズ③ 環境』(共編・共著)平成30年3月 一藝社
『コンパクト版・保育内容シリーズ④ 言葉』(単編・共著)平成30年3月 一藝社
『コンパクト版・保育者養成シリーズ 新版 保育実習』(共編・共著)平成30年3月 一藝社
『新訂 教職入門』(共著)平成30年3月 萌文書林
『新版・幼児理解』(単編・共著)平成30年7月 一藝社
『行事の常識67』(共著)平成30年11月 一藝社
『教育の知恵60─教師・教育者を励まし勇気づける名言集─』(単編・共著)平成30年12月 一藝社
『保育者論』(共著)平成31年2月 ミネルヴァ書房
『西洋教育史』(共著)平成31年3月 玉川大学出版部
『改訂新版 保育用語辞典』(共著)平成31年3月 一藝社
『ともに考え深めよう! 新たな道徳教育の創造』(共編・共著)平成31年3月 一藝社
『改訂版・教職用語辞典』(共著)令和元年7月 一藝社
『図説 子ども事典』(共著)令和元年9月 一藝社
『新 子どもと生活』(共編・共著)令和2年3月 一藝社
『子どもの理解と援助』(共編・共著)令和2年3月 一藝社
『ペスタロッチーにおける生活陶冶思想の研究─幼児教育の視点から─』(単著)令和2年7月 一藝社
『子どもの生活習慣と生活技術』(共編・共著) 令和3年1月 一藝社
『初学者のための基本保育小六法』(共編) 令和3年5月 一藝社
『保育・幼児教育・子ども家庭福祉辞典』(共編・共著) 令和3年6月 ミネルヴァ書房
『インターネットではわからない子育ての正解(幼児編) 』(共編・共著) 令和3年9月 一藝社
『幼児教育方法論』(共編・共著) 令和4年3月 一藝社

論文

「人間関係の基礎"努力"の態度を育むには-ペスタロッチーの幼児教育思想を中心として-」(単著)
  『松蔭大学紀要』第19号所収 平成28年2月 松蔭大学(査読アリ)
「人間関係を豊かに育むためには-幼稚園園児の言葉獲得に注目して-」(単著)
  『教育文化研究会紀要』第2号所収 平成28年2月 教育文化研究会(査読アリ)
「国家の機能と生活陶冶-ペスタロッチーの教育思想を中心として-」(単著)
  『帝京科学大学教職指導研究』第1巻第1号 平成28年3月(査読アリ)
「文明生活の特徴とその陶冶(1)―ペスタロッチーの『純真者に訴える』を中心として-」(単著)
  教育文化研究会『教育文化研究会紀要』第3号 平成28年10月(査読アリ)
「人間らしさを育む教科のあり方について-ペスタロッチーの生活陶冶論を中心として-」(単著)
  日本教科教育学会紀要『教科教育学会誌』第39巻第3号 平成28年12月(査読アリ)
「文明生活の特徴とその陶冶(2)─ペスタロッチーの『純真者に訴える』を中心として─」(単著)
  松蔭大学『松蔭大学紀要』第22号 平成29年3月(査読アリ)
「文明生活と児童の陶冶─ペスタロッチーの『純真者に訴える』を中心として─」(単著)
  日本児童学会『児童研究』第96号 平成29年9月(査読アリ)
「ペスタロッチー『純真者に訴える』の文化教育学-先行研究が積み残した課題─」(単著)
  教育文化研究会『教育文化研究』第5号 平成30年1月(査読アリ)
「文明生活の課題-知行合一―ペスタロッチーの『純真者に訴える』を中心として―」(単著)
  『松蔭大学・紀要第23号』 平成30年3月(査読アリ)
「商業主義と人間陶冶-ペスタロッチーの文明論を中心として-」(単著)
  世界新教育学会『教育新世界』第66号 平成30年3月(査読アリ)
「ペスタロッチーにおける合自然性の教育と文化」(単著)教育文化学会『教育文化研究』第7号平成30年8月
「価値多様化時代の教育のあり方について─ペスタロッチーの文化教育学を中心として─」(単著)
 平成31年3月 『松蔭大学・紀要第25号』(査読アリ)
「ペスタロッチー生活陶冶論の先行研究において積み残された課題」(単著)令和元年7月(査読アリ)
『教育文化研究・第7号』(教育文化学会)(査読アリ)
「幼児教育者の環境構成の視点─ペスタロッチーの生活陶冶思想を中心として─」(単著)令和2年3月
『松蔭大学紀要・第26号』(査読アリ)
「ペスタロッチーにおける生活陶冶思想の研究─幼児教育の視点から─」(単著)
 令和2年3月 博士論文(教育学・大阪総合保育大学)(査読アリ)
「ペスタロッチーにおける身体陶冶について─彼の生活陶冶思想を中心として─」(単著)令和3年5月 『NPO法人子どもの生活科学研究所編 子ども学研究論集』第1号(2021年度)

学会発表・講演

「普段のCMCの利用意識が電子メールの利用意識に及ぼす影響」(学会発表・共同)平成29年8月 日本教育情報学会第33回年会
「保育者養成におけるVRを利用したシミュレーション学習教材の開発」(学会発表・共同)平成30年8月 日本教育情報学会第34回年会
「絵本を通した計画的環境による教育内容の進化・充実について①_②絵本からの情報による間接体験と多様な対話を通して学びを深める-」(学会発表・共同) 平成30年8月 日本教育情報学会第34回年会
「保育者養成におけるVRによるシミュレーション学習の考察」(協議会・共同) 平成30年11月 大学ICT推進協議会
「保育者養成における事故防止及び安全対策の教材開発-事故を未然に防ぐ実感的学習に向けて-」(学会・共同発表) 令和元年8月 日本教育情報学会第35回年会
「予測困難な幼児行動を分析するためのAIの教師データ作成に関する考察」(学会・共同発表)令和2年8月 日本教育情報学会第36回年会
「AIの教師データ作成のための基礎研究─効果的な測定場所,時間等の設定方法について─」(学会・共同発表)令和2年8月 日本教育情報学会第36回年会
「新型コロナ感染症と子どもの生活に関する研究」(共同発表) 令和3年5月 日本保育学会第74回年会
「保育者の"見守り"場面における熟練知の評価 "熟練度合"のデータ収集」(共同発表) 令和3年8月 日本教育情報学会第37回年会
T.Tachino, H.Osawa, A.Nozue, K.Aoyama,"AI Teacher Data Preparation for Analyzing Difficult to Predict Behavior of Young Children : Development of practical learning materials for accident prevention and safety measures in early childhood education" Japan Innovate Learning Summitt: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE),Nov 09, 2021.

社会貢献

湘南保育・教育研究会・顧問(平成22年4月から令和4年3月)
上野原市立保育所適正化審議会委員(平成22年10月から平成23年3月)
特定非営利活動法人・子どもの生活科学研究所・理事(平成30年4月から現在に至る)

所属学会

日本ペスタロッチー・フレーベル学会(理事)
世界新教育学会(The World Education Fellowship Japan Section)(監事)
教育文化学会(副代表)
教育哲学会
教育史学会
日本教育学会
日本教科教育学会
日本教材学会
国際幼児教育学会
日本保育学会(関東地方区理事)
幼児教育史学会
日本児童学会
日本教育情報学会
日本乳幼児教育・保育者養成学会