研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:丸山 昭子

職位:教授

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:博士(看護学)

役職・委員会:全学学生委員会・全学ハラスメント委員会 看護学部学生委員会(委員長)・看護学部紀要委員会(委員長)・看護学部教授会 看護学部教務委員会 FD・自己評価点検委員会(副委員長)
Room: 1号館 Room 1316
Email Address: amaruyama at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:ストレスマネジメント・精神看護援助論・アディクション看護論・保健衛生統計・精神看護援助演習・災害時精神的援助論・看護研究方法論・精神看護ケア実践・統合看護実習・看護研究・卒業演習

専門分野:精神看護学

論文

「精神科病棟入院患者の看護師に対する暴力に関する国内の文献検討」平成24年6月『長野県看護大学紀要』第14巻(87頁~97頁)
「未就学児の母親である看護師のバーンアウトとの関連」平成24年6月『日本看護科学学会誌』第32巻2号(44頁~53頁)
「身体拘束と行動制限最小化の方策-精神科スーパー救急病棟における実態-」平成24年11月『医学と生物学』第156巻第11号(750頁~753頁)
「育児中の看護師のバーンアウト-研究動向と今後の課題-」平成24年11月『医学と生物学』第156巻第11号(766頁~773頁)
「看護大学生の携帯電話の使用状況、依存傾向と社会性スキル」平成25年6月『医学と生物学』第157巻第6号(787頁~791頁)
「震災時における子どもへの心理的影響の実態に関する文献検討」平成26年3月『第44回日本看護学会論文集・精神看護』44号(149頁~152頁)
「新卒看護師が先輩看護師に対してアサーティブになれない状況とその理由」平成26年7月『日本看護管理学会誌』第18巻第1号(36頁~46頁)
「スピリチュアルペインのあるがんターミナル期の患者への支援」平成27年3月『東都医療大学紀要』第5巻第1号(45頁~50頁)
「看護系大学生における共依存傾向と親の養育態度および自己価値感の関連性についての予備的調査」平成27年4月『第45回日本看護学会論文集・精神看護』45号(286頁~289頁)
「地域で生活する精神障害者に対する精神症状改善のためのセルフケア支援」平成27年8月『日本精神科看護学術集会誌』第58巻第2号(47頁~51頁)
「「身体拘束患者の看護」について精神看護学実習での臨地実習指導者による指導の学生の学び」平成27年8月『日本精神科看護学術集会誌』第58巻第2号(249頁~253頁)
「父親認識に関する文献研究」平成27年11月『日本農村医学会雑誌』第64巻第4号(695頁~701頁)
「Factors affecting burnout in female nurses who have preschool-age children」平成27年10月『Japan Journal of Nursing Science』Wiley Online Library:(doi:10.1111/jjns.12096)
「Factors affecting burnout in female nurses with preschool-age children in Japan」平成29年7月『5th Worldwide Nursing Conference』(doi:10.5176/2315-4330_WNC17.56)
「女性の新卒看護師のアサーティブネス尺度の開発」平成29年12月『日本看護科学学会誌』第37巻(193頁~201頁)
「中学生及び高校生へのメンタルヘルス・リテラシー教育プログラム実践の国内研究の動向」平成30年4月『日本看護学会論文集:精神看護』48号(147頁~150頁)
「Relationship between burnout and assertiveness in female nurses with preschool-age children in Japan」平成30年7月『6th Annual International Conference』(45頁~48頁)
「Factors related to administrative abilities of nurse administrators」平成30年7月『6th Annual International Conference』(198頁~207頁)
「Coping behaviors and collaboration between nurses and physicians during norovirus infection outbreak」平成30年7月『6th Annual International Conference』 (223頁~231頁)
「Factors related to assertiveness among preceptors of novice nurses one year after commencement of employment」平成30年7月『6th Annual International Conference』(319頁~326頁)
「産後1年未満の父親の抑うつに関する文献検討」令和1年11月『医学と生物学』第159巻3号(1頁~7頁)
「精神科病院入院患者ががん等の致死的身体合併症に罹患した場合の終末期医療に関する調査」令和1年12月『アディクション看護』第16巻第2号(183頁~190頁)
「入院中の脳腫瘍の子どもを抱えた母親のサポートグループの試み」令和1年12月『アディクション看護 』第16巻第2号(163頁~174頁)
「Demographic and clinical characteristics of foreign nationals accessing psychiatric services in Japan : a multicentre study in a metropolitan area」令和2年12月『BMC Psychiatry』20:569(doi: 10.1186/s12888-020-02951-z)
「産後1年未満の父親の抑うつの実態とその要因」令和3年1月『医学と生物』第161巻1号(1頁~8頁)
「看護学生の学びの場における不適応に関する研究の動向と課題」令和3年3月『松蔭大学看護学部紀要』第6号(55頁~61頁)
「奨学金義務年限を終了した精神科看護師の就労継続に関する要因」令和3年8月『日本看護学会論文集: ヘルスプロモーション・精神看護・在宅看護』第51回 (223頁~226頁)

学会発表・講演

「地域特性に対応した精神保健医療早期相談・介入システムの構築について-MEICIS研究プロジェクトの概要-」令和1年9月 第39回日本精神科診断学会
「未就学児を持つ女性看護師の育児に関する要望」令和1年10月 第50回日本看護学会(看護管理)学術集会
「乳幼児を持つ女性看護師が職場でアサーティブになれない状況」令和1年11月 第39回日本看護科学学会学術集会
「Relationship between home environment and burnout in female nurses with preschool-age children who use day nursery in Japan」令和1年11月 7th Annual International Conference on Worldwide Nursing
「在留ブラジル人を対象としたメンタルヘルス相談活動 在留外国人も利用しやすい地域包括ケアシステムに向けて」令和3年3月 第40回日本社会精神医学会

社会貢献

日本アディクション看護学会理事および査読委員
日本看護科学学会英文誌編集委員
日本リハビリテーション学会査読委員

国際協力

地域特性に対応した精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と実施システム開発についての研究(MEICIS)の京浜地区における精神科地域包括支援活動

所属学会

日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本アディクション看護学会、日本看護協会、
日本精神科看護協会、日本精神保健看護学会、日本看護管理学会、日本看護学教育学会