研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:村山 由子

職位:講師

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:教育学修士、看護学修士

役職・委員会:実習委員会、地域連携委員会
Room: 1号館 Room 1416
Email Address: yoshi-mrym@shoin-u.ac.jp

授業担当科目:老年発達援助演習、事例演習、統合実習、看護研究

専門分野:老年看護学、認知症の患者と家族の支援

著書

・実践リハビリテーション看護ー脳卒中を中心に- 平成22年11月 照林社
・認知症の種類別の特徴を理解したコミュニケーションの取り方
 日総研臨床老年看護Vol24.no1
・看護技術「意図せず行われている5つの抑制 認知症患者への「抑制ゼロ」に向けて」
 ①フィジカルロック ②スピーチロック ③空間的抑制 2018年10月号

論文

1.看護師養成課程における看護実践能力の教育に関する研究
 -新人研修から見た看護師養成課程の課題について- 平成18年3月(教育学修士論文)
2.認知症高齢者の男性介護家族介護者のニーズと介護者会作りの試み 
  平成24年3月(看護学修士論文)
3. 認知症高齢者へのマッサージの有効性に関する文献レビュー
  松蔭大学紀要看護学部第二号

学会発表・講演

【学会発表】
・認知症専門病院におけるNSTの導入と効果~NSTの関わりによって変化のあった事例より~
 平成20年11月 第11回神奈川看護学会集録p82-84
・レビー小体型認知症の幻聴に対する看護
 平成21年10月 第10回日本認知症ケア学会大会 東京国際フォーラム  
・認知症高齢者の男性介護家族介護者のニーズと介護者会作りの試み
 平成24年11月 第32回日本看護科学学会学術集会 東京国際フォーラム
・当院における認知症家族介護の支援について考える 
 平成27年9月 第22回日本家族看護学会学術集会 国際医療福祉大学
・認知症介護家族の支援を考える―3年間の認知症家族講座のまとめ―
 平成27年10月 第34回神奈川県病院学会 神奈川県医療会館
・地域で生活する高齢者を理解する外来実習における学生の学、
 2018年6月23日~24日、日本老年看護学会第23回学術集会 
・施設に入所する認知症高齢者の活動に働きかける音楽療法を用いた学生主体のレクリエーションの実践過程からの学び、
 2018年7月29日、第31回日本看護福祉学会学術大会

【講演】
・横浜市旭区社会福祉協議会主催「ボランティア講座(中級編)」講師 平成23年
・旭区ケアマネージャー連絡会 平成24年
・講師及び相談:自治会における講話と相談会 平成25年
・講演:地域住民対象「認知症の理解と予防」 平成25年
・講師:「老人看護専門看護師に学ぶ認知症の理解と本人・家族への対応について」(平成25年)
・講師:中学校職業講話「看護とは何か、看護師への道」(平成26.27年)
・講師:「ディメンシアコングレスin川崎北部」(平成26年)
・講演およびEテレ放映:「第2の認知症レビー小体型認知症、フォーラム」(平成26年11月収録)
・講演:「認知症の方と家族を支えるチームケア」(平成27年)

社会貢献

認知症キャラバンメイト「認知症サポーター」養成講師
神奈川県看護協会 研修講師「高齢者と認知症患者の看護」
老人看護専門看護師として活動
厚木北地区防災委員
神奈川県看護職員認知症対応力向上研修 演習ファシリテーター
神奈川県看護協会 高齢者支援と認知症患者の看護 研修および演習講師

所属学会

日本看護科学学会
日本認知症ケア学会
男性介護者と支援者の全国ネットワーク
日本老年看護学会
日本専門看護師協議会
日本家族看護学会
日本看護学会
神奈川県看護職員認知症対応力向上研修 演習ファシリテーター
神奈川県看護協会 高齢者支援と認知症患者の看護 研修および演習講師