研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:澤田 和美

職位:准教授

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:看護学修士

役職・委員会:教務委員会、入学試験委員会:副委員長、実習委員会
Room: 1号館 Room 1411
Email Address: ksawada at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:看生活援助技術A、医療支援技術

専門分野:看護学

著書

『救急・急変に役立つフィジカルアセスメント』平成27年2月 総合医学社

論文

・金子直美、田中彰子、橋本真由美、澤田和美、辻田幸子:統合実習の効果的な指導方法
 -新人看護師の困っていること、臨床場面で求められる能力とのギャップから-,
  神奈川工科大学紀要,2018.
・「看護学実習における指導及び学生の学びに関する国内文献の検討-形成的アセスメントの観点から-」
  平成28年3月 横浜創英大学研究論集
・「看護系大学における「看護の統合と実践」の臨地実習目標の実態-シラバスの分析から-」
  平成28年3月 横浜創英大学研究論集
・「看護短期大学生の授業中の私語の頻度と関連要因との検討-入学後と1年次後期授業終了後との比較-」
  平成25年3月 第43回日本看護学会論文集 看護管理
・「看護学生の報告技術の実態-筋肉内注射演習後の振り返りシートの記述内容から-」
  平成24年5月 横浜創英短期大学紀要第8号
・「看護短期大学の授業中の私語の頻度と規範意識との関連」
  平成24年5月 横浜創英短期大学紀要第8号

学会発表・講演

<学会発表>
・澤田和美、関根聡子、片野恵美子、藤井智恵子:ポータルサイトを使用した看護技術の動画の調査,
  日本情報教育学会,2018.
・「効果的な「看護の統合と実践」の臨地実習の方法に関する研究」平成27年8月
  第47回日本看護学会-看護教育
・「基礎看護学実習の看護学生の睡眠時間及び人間関係、実習記録の負担感の現状」
  平成25年8月 第39回日本看護研究学会学術集会
・「看護短期大学生の授業中の私語の頻度と関連要因との検討-入学2か月ごと1年次授業終了後、2年次授業終了後との比較-」
  平成25年9月 第44回日本看護学会-看護管理-学術集会
・「唾液アミラーゼからみた実習中のストレス状態と関係する要因」
  平成24年12月 第32回 日本看護科学学会学術集会
・「看護学生の筋肉内注射実施後の報告に対する教育評価」
  平成24年8月 日本看護学教育学会第22回学術集会
・「看護学生の注射準備操作における難易度の分析」
  平成24年7月 第38回日本看護研究学会学術集会

所属学会

日本看護学会
日本看護科学学会
日本看護管理学会
日本看護学教育学会
日本看護研究学会
日本教育情報学会