研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:沈 瑛

職位:准教授

所属学部・学科: 経営文化学部 金融経済学科

学位:博士(政治学)

役職・委員会:国際交流委員会副委員長、紀要編集委員会委員、留学生支援室他
Room: 3号館 Room 3809
Email Address: shin at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:人的資源管理講義・人的資源管理応用(大学院)、人的資源管理論Ⅰ・Ⅱ、経営社会学Ⅰ・Ⅱ、中国語Ⅰ・Ⅱ、中国語コミュニケーション、基礎ゼミ、総合ゼミ

専門分野:人的資源管理論、労働社会学(女性・外国人)、移民政策

著書

1. 梶原豊・伊藤正昭・木谷光宏編著『大学生のためのライフ・デザインのすすめ』
(共著)2017年4月 リンケージ・パブリッシング pp.54-65
2.人材育成学会編『人材育成ハンドブック』(共著)2019年3月 金子書房
 pp.533-555

論文

1.「中国の企業形態と人的資源管理の変化:中国企業モデルは成立するのか?」松蔭大学紀要第28号 2022年3月 pp121-128
2.「中国企業における経営者のリーダーシップに関する研究」 人材育成学会第8回年次大会論文集
2010年12月 pp.47-52(査読あり)
3.「外国人技能実習制度への労働社会学的一考察―雇用の確保と国際貢献の間でー雇用の確保と国際貢献の間でー」松蔭大学紀要第21号 2017年2月 pp.71-82(査読あり)
4.「大学におけるCSR教育―人的資源管理論の授業における味の素(株)のCSRを事例として―」
松蔭大学紀要第24号 2018年9月 pp.1-9(査読あり)
5.「女性労働者のモチベーションとマズローモデルの限界と可能性」人材育成学会 第16回年次大会論文集
 2018年12月 pp.209-214(査読あり)その他査読論文8本 調査報告書1本(共著)

学会発表・講演

学会発表
1.「中国企業における従業員の経営参加に関する一考察」2010年11月 明治大学政経学会第19回大会
2.「中国企業における経営者のリーダーシップに関する研究」2010年12月 
 人材育成学会第8回年次大会(査読あり)
3.「女性労働者のモチベーションとマズローモデルの限界と可能性」2018年12月 
 人材育成学会第16回年次大会(査読あり)その他学会発表8本(共同1本)

講演
1.松蔭祭講演 2017年10月
2.神奈川県日本中国友好協会女性部会講演「中国人が持つ日本への4つの親近感―新しい時代の日中友好を目指してー」2018年5月

社会貢献

*神奈川県日本中国友好協会(会員)(女性部会)
*神奈川県日本中国友好協会 第38回全日本中国語スピーチコンテスト参加学生指導
*2005年4月~2007年3月 公益財団法人サントリー文化財団「外国人若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成(サントリーフェロー)」において、当文化財団主催の活動に参加する機会を頂き、①サントリー地域文化賞受賞地域訪問、②工場見学に参加し、日本の文化及び人的交流活動に関わることができた。
*2014年3月~2016年2月 公益財団法人日中技能者交流センターにおける技能実習生の受け入れ事業では、中国、ベトナムを中心とする技能実習生の日本国内企業への受け入れに関わった。その中で自身の専門性を活かしながら、実習生の日本文化への適応に関する悩み相談に応じるとともに、課題が生じた受け入れ企業へのアドバイスを行った。この事業において企業と技能実習生との意思疎通を図ることの一助になったのではないかと考える。

国際協力

日本の技術やその取り組みを広めることは日本の国際貢献の重要な部分であると思っている。上記の技能実習生事業の中で、日本の優れた技術、職人さんの仕事に対する姿勢を、中国人やベトナム人の若者に伝えることに微力ながらお手伝いできたのではないかと考えている。

所属学会

人材育成学会
日本経営学会