研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:小野 和

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 子ども学科

学位:芸術学修士

役職・委員会:教授会、キャリア委員会、キャリアセンター次長、教職等支援センター、 保育士養成課程委員会、紀要編集委員会
Room: 3号館 Room 3702
Email Address: ono at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:絵画で遊ぶ、子どもコミュニケーション表現法、造形で遊ぶ

専門分野:専門分野 造形、造形教育、ヴィジュアルコミュニケーション、チルドレンズミュージアム

著書

・『幼児の造形-造形活動による子どもの育ち-』(共著)平成 14 年 4 月 保育出版社
・『博物館の学びをつくりだす-その実践へのアドバイス-』(共著)平成 18 年 2 月 ぎょうせい
・『すべての感覚を駆使してわかる乳幼児の造形表現』(共著)平成 23 年 3 月 保育出版社
・『博物館教育論 新しい博物館 教育を描きだす』(共著)平成 24年 3 月 ぎょうせい
・『0歳児~5歳児 みんないきいき絵の具で描こう!』(共著)平成 26年 8月 
  株式会社サクラクレパス出版部
雑誌掲載
・「感じて、考えて、行動する 0・1・2歳児の造形がはじまるとき、3・4・5歳児の造形の深まり」
 (監修・共著)『保育とカリキュラム』平成30年4月号から毎月連載継続中

論文

・「科学博物館における低年齢児向け博学連携教材の開発 」(共著)平成 21年 3 月
  チルドレンズミ ュージアム研究 会編集『子ども博物館楽校 4』
・「21世紀のデザインを考える デジタルネイティブ世代を見据えたPC環境のデザイン」(共著)
  平成 21年 10月 日本デザイン学会教育部会論集『21世紀のデザインを考える』Vol.1,
・「絵本を題材とした活動的な保育を支援するPC利用の一例」(共著)平成 22年 3 月
  教育メディア学会『教育メディア研究』第17巻第1号
・「保育園における日常の保育との関連性を重視した『宝探しゲーム』の実践」(共著)
  平成 22年 3 月チルドレンズミ ュージアム研究 会編集『 子ども博物館楽校 5 』
・「保育におけるPCネットワーク を介した絵と音声によるコミュ ニケーションの可能性」(共著)
  平成 22年 3 月 教育メディ ア 学会『教育メデ ィア研究』 第17巻 第1号
・「幼稚園および保育者養成校で の利用を想定した幼児用電子掲 示板システムの提案」(共著)
  平成 22年 10月 情 報 処理学会『情報 処理学会研 究 報告』2010-CE-106
・「幼児同士で宝物を隠し合う「宝探しゲーム」の試作と試行」(共著)平成 23年 3 月
  情 報 処理学会『情報 処理学会研 究 報告』2011-CE-109, No.14
・「宝探しゲーム」の幼稚園に おける試行(共著)平成 24年 3 月
  情 報 処理学会『情報 処理学会研 究 報告』2012-CE-113, No.3
・個別教材の開発と課題1:「水の道ジグソーパズル」の開発(単著)平成28年 1月
  チルドレンズミュージアム研究会『 子ども博物館楽校6 』     
・歴史を楽しむ教材の開発-東京都水道歴史館のワークシート開発1-(共著)平成29年 1月
  チルドレンズミュージアム研究会『 子ども博物館楽校7 』
・「絵本を通した計画的環境による教育内容の深化・充実について」
  ~多様な対話が育む幼児期のコンピテンスとその評価~ (共著)平成30年3月
  平成29年度 文部科学省委託 「幼児期の教育内容等深化・充実調査研究」報告書

学会発表・講演

*「クラフト入門」講義と実技指導を担当。(平成21年11月)
  文部科学省「戦略的大学連携支援事業」の一環として軽井沢町アフタースクール指導者養成講座
*「幼児と造形」講演と実技指導を担当。(平成22年6月)埼玉県国公立幼稚園主任会
*「豊かな心をはぐくむ造形活動」新宿区公立子ども園にて保育者の造形研修講師・造形実技研修を担当
 ・平成26年度研究主題 : 「様々な、素材を通して、造形活動を楽しむ」
 ・平成27年度研究主題 : 「幼児の活動を踏まえ、乳児の造形の取り組みを考察することで見える、苦手意識を持っている子の育ち」
 ・平成28年度研究主題 : 「 『豊かに感じ、意欲的に造形活動を楽しむ子ども』を目指して 」
*「一人一人が表現することを楽しむ活動の工夫 ~絵具という素材に着目して~ 」
 (平成27年12月)板橋区立幼稚園教育研修会 にて幼稚園教諭の造形研修講師・造形実技研修を担当
*「粘土を取り入れた活動における保育者の援助と環境の工夫」品川区立保育園にて保育者の造形研修講師・造形実技研修を担当
 ・平成27年度研究主題 :「 ~子どもの活動の豊かさを実現するために 泥粘土遊びの実践を通して~ 」
 ・平成28年度研究主題 : 「 ~粘土経験の積み重ねによる遊びの広がりと子どもの育ち~ 」

社会貢献

社会貢献 全国大学造形美術教育教員養成協議会委員(平成10年6月から平成24年6月まで)
財団法人教育美術振興会評議員(平成10年6月から平成24年3月まで)
財団法人美育文化協会評議員(平成13年5月から平成24年3月まで)
公益財団法人教育美術振興会評議員(平成28年6月から現在に至る)
教員免許状更新講習指導担当(平成22年度、平成26年度、平成27年度)

所属学会

日本保育学会
日本デザイン学会
日本色彩学会
民族藝術学会
日本教材学会
日本教育メディア学会
教育情報システム学会