研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:古金 悦子

職位:教授

所属学部・学科: コミュニケーション文化学部 子ども学科

学位:修士(児童学)

役職・委員会:学生委員会、学生相談室、学友会、教職等支援室、保育士養成課程委員会副委員長、総合学術センター
Room: 3号館 Room 3710
Email Address: furukane at shoin-u.ac.jp

授業担当科目:基礎ゼミⅠ、国語(子どもとコミュニケーション)、保育実習Ⅰ(保育所)、保育実習Ⅰ(施設)、保育実習指導Ⅰ、保育実習Ⅱ(保育所)、保育実習指導Ⅱ、保育内容(言葉)、保育内容(表現)、言葉で遊ぶ(言語表現)、演習Ⅰ・Ⅱ

専門分野:保育・幼児教育(保育内容)

著書

「コンパクト版保育内容シリーズ保育内容総論」一藝社 平成29年2月 共著
「コンパクト版保育内容シリーズ言葉」一藝社 平成30年3月 共著
「保育者養成のための初年次教育ワークブック」 一藝社 平成30年2月 共著
「保育・幼児教育・子ども家庭福祉辞典」ミネルヴァ書房 令和3年6月 共著

論文

・絵本を通した計画的環境による教育内容の深化・充実について~多様な対話が育む幼児期のコンピテンスとその評価 平成29年度文科省委託「幼児期の教育内容等深化・充実調査研究」報告書 平成30年3月 共著
・絵本を基点とした生命科学教育プログラムにおける「言葉による伝え合い」についての考察~保育内容「言葉」の領域から 松蔭大学紀要第23号 平成30年3月
・科学絵本読み聞かせプログラムの検討~人とのかかわりの中で言葉を通して思考力を育む 松蔭大学紀要第24号 平成31年3月
・科研報告書「新しい生命科学教育の根幹を担う日本独自の学際的幼児教育プログラムの開発」第6章幼児期に修得が期待される生命観と自分理解 2016年度~2019年度 科研費挑戦的萌芽研究(16K12769)研究代表 大貫麻美

学会発表・講演

【学会発表】
・「絵本を通した計画的環境による教育内容等深化・充実について②~科学絵本と教材開発による、
 体験を通した学び活動について 日本教育情報学会第34回年会 平成30年8月
・「科学絵本を楽しむために」日本保育学会第73回大会 令和2年5月

社会貢献

・神奈川県保育士エキスパート研修 保育実践講座「言葉で遊ぶ」講師

所属学会

日本保育学会
こども文化学会
日本教育情報学会