研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:藤原 俊雄

職位:教授

所属学部・学科: 経営文化学部 経営法学科

学位:博士(法学)

役職・委員会:大学院研究科委員会、松蔭論叢編集委員

授業担当科目:学部;私法学ⅠⅡ、企業組織法ⅠⅡ、経済法ⅠⅡ、ファイナンス法、安心・安全関連法、大学院;経済法講義、経済法応用

専門分野:会社法、商法

著書

『コーポレート・ガバナンスー課題と展望』平成25年3月、成文堂(351頁)(単著)
『企業法の現代的課題』平成25年8月、成文堂(655頁)(共著)

論文

「コーポレート・ガバナンスにおける監査役の役割(上)(下)」法曹時報64巻11号1~38頁(平成24年11月)、同1~24頁(平成24年12月)、「松中教授の主要目的ルール廃止論の検討」松蔭論叢17号53~70頁(令和4年3月)など21点
「招集手続の瑕疵と株主総会決議の不存在」松蔭紀要57~63頁(令和4年3月)など判例研究15点
その他として、受験新報誌上での司法試験用の「設問とその解説」など15点

社会貢献

静岡新聞「時評」の執筆担当、SBSラジオ早朝番組のコメンテーター、日本風力開発株式会社社外監査役、サン綜合法律事務所弁護士(第一東京弁護士会)を歴任

所属学会

日本私法学会
東京商事法学会
現代企業法研究会
関西企業法研究会