研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:上地 一郎

職位:教授

所属学部・学科: 経営文化学部 経営法学科

学位:博士(法学)

役職・委員会:学生委員長、学生相談室、入学試験委員会、ハラスメント対策委員会

授業担当科目:法学、私法学Ⅰ、私法学Ⅱ、物権法、人的担保法、物的担保法、家族法、相続法、基礎演習Ⅰ、専門演習Ⅰ、専門演習Ⅱ、民法講義(大学院)、民法応用(大学院)

専門分野:民法、法社会学

論文

〈単著〉
「旧慣諸制度の解体と日本への制度的統合―明治32年沖縄県土地整理事業の再定位―」『高岡法学』第31号、2013年
「共同性の創発―土地整理事業以降の沖縄の村落共同体―」『高岡法学』第32号、2014年
「アジアにおける日本法教育はどうあるべきか―立ち上げ時の模索の経験から」『法律時報』90巻3号、2018年

〈共著〉
「共同店と買い物難民―農山村コミュニティ・ビジネスと制度設計・政策立案に関する検討―」『高岡法学』第35号、2017年

学会発表・講演

〈学会発表〉
・「沖縄明治期における旧慣諸制度の解体と日本への制度的統合―沖縄県土地整理事業の再定位―」
 法制史学会中部部会 第64回例会(於名古屋大学) 2011年10月
・「明治期沖縄の村落慣習法と土地制度」
 法制史学会中部部会 第70回例会(於名城大学) 2013年12月
・“Iriai commons in Okinawa: Establishment of Self-Management”
 Asian Law & Society Association: ALSA 4th Annual Meeting in Osaka, Japan. December, 2019

〈講演〉
・「立ち上げ時の構想」
 モンゴル国立大学内名古屋大学日本経教育研究センター10周年記念シンポジウム「モンゴルにおける日本語による日本法教育の成果と展望」(モンゴル国立大学、モンゴル国ウランバートル市)2017年3月
・「土地所有権の行方」
 氷見市公民館講座(富山県氷見市)2019年8月
・CJLコンソーシアムレクチャーシリーズ「日本の法整備支援の今」第3回「アジアで日本法を日本語で教える―日本法教育研究センター法学講師から見た法整備支援―」
主催 日本法教育研究センター・コンソーシアム、名古屋大学法政国際教育協力研究センター  2020年12月

社会貢献

日本法教育研究センター・コンソーシアム個人正会員(教材開発作業部会委員)
日本農業法学会・理事、同機関誌編集委員会委員長

所属学会

日本法社会学会、日本農業法学会、日本私法学会、法制史学会