研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:上野 清貴

職位:教授

所属学部・学科: 経営文化学部 金融経済学科

学位:博士(経済学)

役職・委員会:大学院研究科委員会、FD・研究発表等委員会

授業担当科目:会計学Ⅰ・Ⅱ、原価計算論Ⅰ・Ⅱ、演習Ⅰ (大学院)財務会計講義、財務会計応用

専門分野:会計学

著書

『現代会計の論理と展望』平成24年6月、創成社
『会計測定の思想史と論理』平成26年8月、中央経済社
『会計理論研究の方法と基本思考』平成29年7月、中央経済社
『収入支出観の会計思考と論理』平成30年6月、同文舘出版
『会計の科学と論理』令和元年6月、中央経済社
『会計構造の深層論理』令和2年8月、中央経済社

論文

「混合測定会計の論理」平成24年7月『会計』第182巻第1号(113頁~26頁)
「修正原価会計の萌芽と進展」平成25年3月『経理研究』第56号(225頁~242頁)
「現在価値会計の進展と継承」平成26年3月『経理研究』第57号(368頁~393頁)
「会計理論の論理的検証方法」平成26年12月『税経通信』第69巻14号(25頁~32頁)
「現代会計理論研究の方向性」平成27年3月『経理研究』第58号(354頁~370頁)
「利益の実在性に関する検討」平成27年6月『財務会計研究』第9号(51頁~64頁)
「会計理論研究の方法と実践」平成28年3月『経済論集』第48巻第5号(1頁~29頁)
「コジオール収支会計理論と収入支出観」平成28年5月『財務会計研究』第10号(77頁~94頁)
「取得原価会計の本質と公理論的解明」平成28年12月『会計・監査ジャーナル』第28巻第12号(88頁~96頁)
「会計の認識と理論研究」平成28年12月『経理研究』第59号(91頁~108頁)
「収入支出観の萌芽」平成30年3月『経済学論叢』第58巻第2号(209頁~235頁)
「会計の本質としての会計責任説」平成30年12月『経理研究』第60号(129頁~143頁)
「会計の深層構造」令和2年12月『経理研究』第61号(94頁~111頁)
「会計目的としての会計責任」令和3年3月『経営と経済』第100巻第4号(67頁~102頁)
「意思決定説の系譜と会計責任」令和4年3月『松蔭論叢』第17号(21頁~51頁)

学会発表・講演

「学説研究による会計理論構築の探究」平成25年9月、日本会計研究学会第72回全国大会
「グローバル社会の会計研究」平成25年9月、国際会計研究学会第30回全国大会
「IFRSをめぐる実務家と研究者の協力関係への期待」平成26年8月、国際会計研究学会第31回全国大会
「学会賞受賞講演『簿記のススメ』」平成26年8月、日本簿記学会第30回全国大会
「現代会計理論研究の方向性」平成26年10月、会計理論学会第29回全国大会
「公正価値会計の国際的展開」平成28年5月、国際会計研究学会第7回東日本部会
「簿記における計算構造の総合的研究」平成29年8月、日本簿記学会第33回全国大 会
「会計の科学と論理―私の会計研究史―」令和元年8月、日本会計研究学会第96回東北部会
「複式簿記の可能性と将来」令和3年6月、日本簿記学会第37回関東部会

社会貢献

日本会計研究学会理事
国際会計研究学会理事
日本簿記学会理事
日本会計教育学会理事
中小企業会計学会理事
グローバル会計学会理事
財務会計研究学会会長、を歴任
長崎県出資団体評価検討委員会委員長

所属学会

日本会計研究学会
国際会計研究学会
日本簿記学会
日本会計教育学会
中小企業会計学会
グローバル会計学会
財務会計研究学会