研究・教育活動

教員紹介

教員氏名:小林 由起子

職位:准教授

所属学部・学科: 看護学部看護学科

学位:博士(保健医療学)

役職・委員会:教務委員会・学生委員会

授業担当科目:老年発達援助論、老年発達援助演習 、老年看護ケア実践Ⅰ、統合実習 、看護研究

専門分野:老年看護学

論文

・精神科看護師が専門的ケア行動を実施できる要因 精神看護専門看護師・精神科認定看護師への面接を通して(査読付),2014.6, 看護教育研究学会誌,6(1),P13-23.
・看護系大学における看護学生の日常生活援助技術習得への意欲に関連する要因(査読付),2016.3, 埼玉医科大学看護学科紀要,9(1),P39-45.
・看護師の職務継続に関係するコミットメントの関連要因についての研究の動向と課題
(査読付),2018.3埼玉医科大学看護学科紀要,11(1),P87-94.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師の職務継続の要因(査読付),2018.5, 日本自立支援介護・パワーリハ学会誌,12(1),P30-39.
・回復期リハビリテーション病棟に勤務する看護師のキャリアコミットメントとその関連要因(査読付),2019.11, 日本自立支援介護・パワーリハ学会誌,13(2),P88-96.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師の職務継続意思とその関連要因(査読付), 2019.11, 日本自立支援介護・パワーリハ学会誌,13(2),P116-125.
・特別養護老人ホームに5年以上勤務する看護師の職務継続意思とその関連要因
(査読付), 2020.11, 日本自立支援介護・パワーリハ学会誌,14(2),P78-95.
・重症心身障害者施設に勤務する看護師の共感に関する関連要因(査読付), 2021.4,日本健康医学会雑誌30(1),P32-44.
・大学病院に勤務する看護師の組織残留意欲に関連する要因(査読付),2022.12, 日本健康医学会雑誌30(4),P3 436-448.

学会発表・講演

・看護学生の生活体験・生活習慣に関する研究の動向(査読付),2014.3, 日本医学看護学教育学会学術学会.
・看護系大学学生の日常生活援助技術習得への意欲とその関連要因(査読付),2015.8,日本看護学教育学会第25回学術集会.
・看護系大学における看護学生の日常生活援助技術習得への意欲をもったきかけの構造
(査読付),2016.12, 日本看護科学学会学術集会講演集36回.
・看護師のコミットメントに関する研究の動向と課題(査読付),2017.8,日本看護研究学会第43回学術集会.
・看護系大学学生の日常生活援助技術習得にむけた自己充実的達成動機とその関連要因
(査読付),2017.12, 日本看護科学学会学術集会講演集37回.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師の職務継続の要因(査読付),2018.6, 第17回日本自立支援介護・パワーリハ学術大会.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師の組織コミットメントとその関連要因(査読付), 2018.10, 第12回看護教育研究学会学術集会.
・特別養護老人ホームに5年以上勤務する看護師の組織コミットメントとその関連要因, (査読付),2019.10,第13回看護教育研究学会学術集会.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師のチームにおけるコミュニケーション能力に関連する要因(査読付),2020.12, 日本看護科学学会学術集会.
・特別養護老人ホームに勤務する看護師の情動的コミットメントとその関連要因(査読付),2021.6,第19・20回日本自立支援介護・パワーリハ学術大会.
・特別養護老人ホームに5年以上勤務する看護師の情動的コミットメントとその関連要因(査読付),2021.8, 日本看護学教育学会第31回学術集会.

社会貢献

日本アディクション看護学会査読委員
日本自立支援介護・パワーリハ学会査読委員

所属学会

日本看護科学学会、日本看護学教育学会、日本アディクション看護学会、日本健康医学会、看護学教育研究学会、日本自立支援介護・パワーリハ学会